再配達を減らせ! ヤマト必死の効率化 宅配ロッカー、LINEなどあの手この手

印刷
A
A
道の狭い住宅街では電動アシスト自転車を使って配送(写真上)。神奈川県藤沢市のエリアでは半径500m区域を配達員2人で担当している(撮影:大澤 誠)

特集「物流が壊れる」の他の記事を読む

「ここの家はいつもいらっしゃいますよ」。ヤマト運輸のパートタイマーで配達を担うフィールドキャスト歴4年の女性は笑顔でインターホンを押した。

インターネット通販の利用者は日中、自宅にいない人が多いといわれる。確実に受け取ってもらえる届け先はありがたい存在だ。この日の不在率は19%。「五十日(ゴトウビ)なので、いつもよりも不在は多いですね」。

ヤマトにとって不在対策はいまや死活問題になりつつある。

「お客さんの手元にきちんと届くまで何度でも届けるのがヤマトの価値」。同社の幹部はかつてそう言ってはばからなかった。

だがネット通販の拡大によって、宅配物はヤマトの想像を超えるペースで増加している。人手不足によるセールスドライバーをはじめとした配達員の採用難も加わり、サービスを維持するハードルは日に日に高くなるばかり。業績にも悪影響を及ぼしている。

再配達を減らすためにヤマトが力を入れているのが、同社の会員組織「クロネコメンバーズ」を通じたサービスの利用者を増やすことだ。いったん登録すれば、メールで配達予定日時が通知されたり、ネットで受け取り日時を変更できたりする。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
物流が壊れる
首都圏はセーフでも近畿圏はアウト?
物流業界の変化を陰で支える黒子
日立物流の拠点では生産性が2.5倍に
物流改革プロジェクトで配送時間短縮…
キリンとアサヒも「無益な消耗戦しない」
スマホで運送業者を手配「ハコベル」
▶▶Part3 崩壊回避へ企業も必死
最先端技術の巨額投資が水の泡に
即時配送「マジカ プライム ナウ」
家電だけじゃない、躍進するヨドバシ
最短2時間30分「ヨドバシエクストリーム」
現地ルポ・米国アマゾン最前線
あの会社が日本で「出前」を開始
▶▶Part2 膨張するネット通販
ビルができてからではもう遅い
シェアよりも採算重視で値上げ進める
アマゾンの配送でシェア拡大
モンスター化する客に辟易
再配達を減らせ! ヤマト必死の効率化
宅配ロッカー、LINEなどあの手この手
▶▶Part1 苦しむ宅配業者
物流が壊れる
アマゾンの大奔流にヤマトも悲鳴
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内