有料会員限定

海外投資で注意したい6大リスクはこれだ リスクコントロールで海外投資恐るるにたらず

印刷
A
A
イラスト:サトウヨーコ

特集「トランプ相場に乗れ!」の他の記事を読む

海外投資には、国内への投資とは異なるリスクが存在する。とはいえ、決して怖がる必要はない。なぜならリスクは、ある程度コントロールできるものだからだ。ただ、そのためにはリスクの性質を把握しておく必要がある。以下、海外投資につきものの、六つのリスクについて見ていこう。

1. 為替変動

海外に投資する際は、株式であれ債券であれ、投資信託であれ、基本的に投資通貨は外貨建てになる。もし米国に投資するなら、手持ちの円を米ドルに替えて投資し、売却したときには円転(円に戻すこと)する。この間に、為替が円安ドル高になれば「為替差益」を得られるが、円高ドル安が進むと「為替差損」を被る。

直接、損益を左右するので気になるリスクだが、それは考え方一つだ。目先、外貨高が進むことで得られる為替差益を狙った投資をするなら、為替変動はリスクになるが、全資産を円で保有するリスクをヘッジする目的で外貨に投資するなら、為替変動は気にならなくなる。

保有資産をすべて円建てにしておくと、円安が進んで輸入物価が上昇したとき、相対的に保有資産の価値が減ってしまう。このリスクをヘッジするには、資産の一部を外貨建てにして持ち続ける。つまり外貨を円資産の保険として保有するのだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
トランプ相場に乗れ!
今年最大のネガティブサプライズにもなりうる
米国証券会社を通じた売買は確定申告が必須
[INTERVIEW]マネックス証券会長CEO・松本大
時価総額トップ10と日本でもおなじみ4銘柄
株式投資のバイブルには実は米国企業版もある
米国株投資[応用編] 魅力的な商品が多い
リスクコントロールで海外投資恐るるにたらず
為替の動向はどうやってつかめばよいのか
低コストと種類の豊富さが何といっても魅力
米国株投資[基礎編] 知らないと損!!
▶▶Part2 今年から始める米国投資
出来高少なく売買が成立しないETFは要注意
人気ストラテジスト3人が今年の相場を大予測
お宝銘柄 [配当利回りランキング]
お宝銘柄 [キャッシュリッチ企業ランキング]
お宝銘柄 [米国売上比率ランキング]
お宝銘柄 [最高益更新・低PERランキング]
お宝銘柄 [営業増益率ランキング]
2017年に株価が上がるお宝銘柄を探せ
個人投資家は海外投資家に振り回されるな
▶▶Part1 今こそ買い時日本株
日米両方の株式フル活用で資産を増やそう
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内