有料会員限定

日本市場より魅力的、私の攻略法を教えます ▶▶Part2 今年から始める米国投資

印刷
A
A
イラスト:サトウヨーコ

特集「トランプ相場に乗れ!」の他の記事を読む

トランプ相場の恩恵を享受したいなら、米国市場に投資するのが手っ取り早い。前出記事の図表「日米株式市場の主要指標」のように、過去30年を見ると、日本株より米国株のパフォーマンスのほうが圧倒的に高い。

米国株への投資は簡単だ。日本のネット証券会社を利用する場合、SBI証券、マネックス証券、楽天証券に口座を開くだけで始められる(→関連記事へ)。

ETFを活用して分散投資を図る

とはいえ、未知のものに投資する不安があるのは確かだろう。日本株では気にしなくてよい為替の変動リスクに加え、英語が必要になる場面もある。そこでまずは米国株に投資する先輩投資家たちがどんな資産運用をしているのか、その投資術を知るところから始めよう。

乙川乙彦さん(ハンドルネーム)は普段は企業に勤める兼業投資家だ。資産規模は1億円を超え、そのうち約2割を米国に投資している。

現在60代の乙川さんは50代で転職を経験した。老後の資金を確保するため、前職の退職金を中心にした数千万円を元手に、本格的に株式投資を始めた。現在は日本、米国、欧州、新興国の株や債券、REIT(不動産投資信託)などを幅広く保有している。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
年金大改正、何歳から受け取るのがトクなのか
年金大改正、何歳から受け取るのがトクなのか
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
トランプ相場に乗れ!
今年最大のネガティブサプライズにもなりうる
米国証券会社を通じた売買は確定申告が必須
[INTERVIEW]マネックス証券会長CEO・松本大
時価総額トップ10と日本でもおなじみ4銘柄
株式投資のバイブルには実は米国企業版もある
米国株投資[応用編] 魅力的な商品が多い
リスクコントロールで海外投資恐るるにたらず
為替の動向はどうやってつかめばよいのか
低コストと種類の豊富さが何といっても魅力
米国株投資[基礎編] 知らないと損!!
▶▶Part2 今年から始める米国投資
出来高少なく売買が成立しないETFは要注意
人気ストラテジスト3人が今年の相場を大予測
お宝銘柄 [配当利回りランキング]
お宝銘柄 [キャッシュリッチ企業ランキング]
お宝銘柄 [米国売上比率ランキング]
お宝銘柄 [最高益更新・低PERランキング]
お宝銘柄 [営業増益率ランキング]
2017年に株価が上がるお宝銘柄を探せ
個人投資家は海外投資家に振り回されるな
▶▶Part1 今こそ買い時日本株
日米両方の株式フル活用で資産を増やそう
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内