有料会員限定

上昇スタートの17年相場、日米ともに投資の好機! 日米両方の株式フル活用で資産を増やそう

印刷
A
A

米国のダウ平均株価は2万ドルに急接近し、日経平均株価も第2次安倍政権が発足して以降の最高値2万0868円超えが見えてきた。「強い米国」復活へ歩み始めた今こそ投資の絶好機だ。

(本誌:鈴木良英、中島順一郎、猪澤顕明、渡辺拓未、山田雄一郎、山本直樹、松浦 大)
写真:1月20日に米国大統領に就任するトランプ氏の手腕に注目が集まる

上昇スタートの17年相場 日米ともに投資の好機!

「最も雇用を創出する大統領になる」

トランプ次期米大統領は11日、当選後初となる記者会見に臨んだ。会見中、株価はトランプ氏の一挙手一投足に反応、ダウ平均株価は1時間に100ドル以上動く荒い展開になった。経済政策への言及など株価を決定づける発言はなかったものの、取引は98ドル高で終えた。株価は最高値圏を保ったまま、20日の新政権誕生を迎えようとしている。

日本市場は大発会としては4年ぶりに上昇、絶好のスタートを切った(撮影:梅谷秀司)

特集「トランプ相場に乗れ!」の他の記事を読む

株式市場は今やトランプ一色だ。ダウ平均は未到の高値である2万ドルに急接近。その好影響は日本にも波及している。日経平均株価は大統領選挙の開票でトランプ氏優勢が伝えられた11月9日に1万6000円台まで下がった後、わずか1カ月で1万9000円を突破。足元では2015年8月以来の2万円超えが視界に入っている。

ここまで一気に駆け上がると、この先の上昇余地は小さいと考えがちだ。ところが市場関係者はそうは見ていない。2万2000円までは上がるというのがコンセンサス。第2次安倍晋三政権が発足して以降の最高値2万0868円を大きく上回る水準だ。つまり日本株の本番はこれからなのだ。

根拠はある。一つは企業の好決算だ。トランプ政権への期待と米国の利上げで、ドル円相場は一気に10円も円安に戻し、現在のレートは企業の想定を超える水準になっている。外需に強い大手企業を中心に、円安効果で業績が押し上げられ、つれて株価が上昇する可能性は高い。

株高を演出するもう一つの重要な要素が外国人投資家だ。彼らは15年ぶりに高値をつけた15年6月を境に日本株を売り続けてきたが、ここにきて買い戻しに動いている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
トランプ相場に乗れ!
今年最大のネガティブサプライズにもなりうる
米国証券会社を通じた売買は確定申告が必須
[INTERVIEW]マネックス証券会長CEO・松本大
時価総額トップ10と日本でもおなじみ4銘柄
株式投資のバイブルには実は米国企業版もある
米国株投資[応用編] 魅力的な商品が多い
リスクコントロールで海外投資恐るるにたらず
為替の動向はどうやってつかめばよいのか
低コストと種類の豊富さが何といっても魅力
米国株投資[基礎編] 知らないと損!!
▶▶Part2 今年から始める米国投資
出来高少なく売買が成立しないETFは要注意
人気ストラテジスト3人が今年の相場を大予測
お宝銘柄 [配当利回りランキング]
お宝銘柄 [キャッシュリッチ企業ランキング]
お宝銘柄 [米国売上比率ランキング]
お宝銘柄 [最高益更新・低PERランキング]
お宝銘柄 [営業増益率ランキング]
2017年に株価が上がるお宝銘柄を探せ
個人投資家は海外投資家に振り回されるな
▶▶Part1 今こそ買い時日本株
日米両方の株式フル活用で資産を増やそう
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内