有料会員限定

年20%利回りも可能、海外口座を使いこなす 米国株投資[応用編] 魅力的な商品が多い

印刷
A
A

基礎編で紹介したように、日本のネット証券の口座から米国株やETF(上場投資信託)を売買できるが、それらは米国市場全体から見ればごく一部にすぎない。また日本のネット証券の米国株取引では、金融市場が本来備えているレバレッジや為替ヘッジなど多くの機能が使えないため、投資機会を逃してしまうこともある。

もっと幅を広げたいなら、海外の証券会社に口座を開設するといい。お薦めは米インタラクティブ・ブローカーズ証券(IB。下の囲み記事)だ。初心者にとって使いやすいとはいえないが、取扱銘柄数が豊富で、慣れると日本の証券会社は国際金融市場の「体験版」にしか見えなくなるほど自由度が高い。

ここではIBへの口座開設で実現できる、高利回りの米国投資ポートフォリオの例を紹介したい。

日本にはない妙味のある商品が多い(写真はニューヨーク証券取引所)

特集「トランプ相場に乗れ!」の他の記事を読む

VIX、REIT… 高利回り商品が多い

IBに口座を持つと、恐怖指数とも呼ばれるCBOEボラティリティインデックス(VIX)を収益機会にすることができる。「iパス S&P 500 VIX ショートターム フューチャーズ ETN(ティッカーシンボルはVXX)」は、VIX指数を売買できるようにしたETN(指標連動証券)だ。ETNとETFは同じものと考えていい。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
トランプ相場に乗れ!
今年最大のネガティブサプライズにもなりうる
米国証券会社を通じた売買は確定申告が必須
[INTERVIEW]マネックス証券会長CEO・松本大
時価総額トップ10と日本でもおなじみ4銘柄
株式投資のバイブルには実は米国企業版もある
米国株投資[応用編] 魅力的な商品が多い
リスクコントロールで海外投資恐るるにたらず
為替の動向はどうやってつかめばよいのか
低コストと種類の豊富さが何といっても魅力
米国株投資[基礎編] 知らないと損!!
▶▶Part2 今年から始める米国投資
出来高少なく売買が成立しないETFは要注意
人気ストラテジスト3人が今年の相場を大予測
お宝銘柄 [配当利回りランキング]
お宝銘柄 [キャッシュリッチ企業ランキング]
お宝銘柄 [米国売上比率ランキング]
お宝銘柄 [最高益更新・低PERランキング]
お宝銘柄 [営業増益率ランキング]
2017年に株価が上がるお宝銘柄を探せ
個人投資家は海外投資家に振り回されるな
▶▶Part1 今こそ買い時日本株
日米両方の株式フル活用で資産を増やそう
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内