有料会員限定

伸びしろ十分日本市場、アベノミクス最高値へ ▶▶Part1 今こそ買い時日本株

印刷
A
A

円安のほかにも株高エンジンはある

昨年の大納会前日の12月29日、日経平均株価は一時309円安と、11月からスタートしたトランプ相場で最大の下げ幅となったが、底値では海外ファンドの先物買いが入ったほか、無数の個人投資家がETF(上場投資信託)の買いに動いた。欧米系大手から地場まで各証券会社の営業担当者は、「日本株を安く買うタイミングを待っている顧客が多い」と口をそろえる。

大和証券が2万3000円、野村証券とみずほ証券が2万2000円……。昨年末時点の証券各社による2017年の予想最高値はいずれも2万円の節目を超え、第2次安倍政権発足以来の最高値2万0868円を上回る水準だ。円安進行による企業業績の改善と、株主への利益還元強化が株価を力強く押し上げるシナリオである。

日経平均株価は2万3000円まで上昇する予想も出ている(撮影:尾形文繁)

特集「トランプ相場に乗れ!」の他の記事を読む

特に為替相場が株価の方向性を決める材料になりそうだ。12年秋のアベノミクス相場の開始以降、日本株はドル円相場にぴったりと寄り添って動いている。この間の日経平均と為替の相関性を調べると、対ドルで1円の円安は日経平均を200円あまり押し上げている。今年も円安が進めば自動車や電子部品といった外需産業を中心に増益幅が拡大し、株価は上値を追うだろう。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
トランプ相場に乗れ!
今年最大のネガティブサプライズにもなりうる
米国証券会社を通じた売買は確定申告が必須
[INTERVIEW]マネックス証券会長CEO・松本大
時価総額トップ10と日本でもおなじみ4銘柄
株式投資のバイブルには実は米国企業版もある
米国株投資[応用編] 魅力的な商品が多い
リスクコントロールで海外投資恐るるにたらず
為替の動向はどうやってつかめばよいのか
低コストと種類の豊富さが何といっても魅力
米国株投資[基礎編] 知らないと損!!
▶▶Part2 今年から始める米国投資
出来高少なく売買が成立しないETFは要注意
人気ストラテジスト3人が今年の相場を大予測
お宝銘柄 [配当利回りランキング]
お宝銘柄 [キャッシュリッチ企業ランキング]
お宝銘柄 [米国売上比率ランキング]
お宝銘柄 [最高益更新・低PERランキング]
お宝銘柄 [営業増益率ランキング]
2017年に株価が上がるお宝銘柄を探せ
個人投資家は海外投資家に振り回されるな
▶▶Part1 今こそ買い時日本株
日米両方の株式フル活用で資産を増やそう
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内