有料会員限定

春には2万2000円 年後半には一段高も 人気ストラテジスト3人が今年の相場を大予測

印刷
A
A

英国のEU(欧州連合)離脱決定などいくつもの“想定外”に見舞われたが、最終的にはトランプ相場の追い風により、年末値としては5年連続の値上がりで大納会を迎えた2016年の日本株市場。年明け1月4日の大発会も日経平均株価が479円高と順調なスタートを切ったが、17年の行方はどうなるのか。国内外の証券会社3社のストラテジストに見通しを聞いた。

J.P.モルガン証券 阪上亮太
足元は好環境だが 春にピークアウト

J.P.モルガン証券チーフ株式ストラテジスト 阪上亮太 (撮影:尾形文繁)

特集「トランプ相場に乗れ!」の他の記事を読む

日本株の動向について足元は強気で見ている。一つ目の理由は、国内外の機関投資家が日本株をまだ買いたいのに十分買えていないこと。二つ目は18年3月期の日本企業を取り巻く環境が悪くないこと。三つ目は主要各国が財政政策で景気を押し上げる方向に舵を切ってくること。こういう環境下で日本株は最も恩恵を受けやすい。為替が円安に傾きやすいうえ、グローバル景気に敏感な会社が多いからだ。

ただ日本株にとっての強みも長続きせず、4~6月のどこかでピークアウトすると考えている。背後にある要因は三つ。一つ目は欧州主要国で相次ぐ政治イベント。反EU的な動きが広がれば、世界経済への懸念も台頭する。二つ目が米国の保護主義的な動き。三つ目がドル高の流れに世界経済が耐えられるか。新興国の多くは通貨安が経済に対してデメリットになりやすいからだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
トランプ相場に乗れ!
今年最大のネガティブサプライズにもなりうる
米国証券会社を通じた売買は確定申告が必須
[INTERVIEW]マネックス証券会長CEO・松本大
時価総額トップ10と日本でもおなじみ4銘柄
株式投資のバイブルには実は米国企業版もある
米国株投資[応用編] 魅力的な商品が多い
リスクコントロールで海外投資恐るるにたらず
為替の動向はどうやってつかめばよいのか
低コストと種類の豊富さが何といっても魅力
米国株投資[基礎編] 知らないと損!!
▶▶Part2 今年から始める米国投資
出来高少なく売買が成立しないETFは要注意
人気ストラテジスト3人が今年の相場を大予測
お宝銘柄 [配当利回りランキング]
お宝銘柄 [キャッシュリッチ企業ランキング]
お宝銘柄 [米国売上比率ランキング]
お宝銘柄 [最高益更新・低PERランキング]
お宝銘柄 [営業増益率ランキング]
2017年に株価が上がるお宝銘柄を探せ
個人投資家は海外投資家に振り回されるな
▶▶Part1 今こそ買い時日本株
日米両方の株式フル活用で資産を増やそう
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内