有料会員限定

二極化進む国内ETF、いま買うならこの投信 出来高少なく売買が成立しないETFは要注意

印刷
A
A

投資商品として、近年人気が高まっているのがETF(上場投資信託)だ。現在、205銘柄が上場されている。2007年には18銘柄しかなかったが、08年に68本に増え、以降、毎年10~30本のペースで増えている。

ETFは証券取引所に上場されているファンドで、基本的に特定の指標や指数、価格に対して、取引価格が連動するように設計されている。

特徴は、第一にコストが安いこと。信託報酬が年0.1%を割っているものもあり、銀行などで販売される非上場の投信に比べて割安だ。上場株式と同様に市場で売買されるので、株式と同じ委託手数料がかかるものの、インターネット証券会社で取引すれば、料率は低廉で済む。

第二に、証券取引所が開いている時間帯ならいつでも売買できることだ。株式と同じようにザラバ(寄り付きから引けの間の時間帯)で取引価格が形成されているため、買いたいとき、売りたいときに注文を出せば、基本的に取引が成立する。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
トランプ相場に乗れ!
今年最大のネガティブサプライズにもなりうる
米国証券会社を通じた売買は確定申告が必須
[INTERVIEW]マネックス証券会長CEO・松本大
時価総額トップ10と日本でもおなじみ4銘柄
株式投資のバイブルには実は米国企業版もある
米国株投資[応用編] 魅力的な商品が多い
リスクコントロールで海外投資恐るるにたらず
為替の動向はどうやってつかめばよいのか
低コストと種類の豊富さが何といっても魅力
米国株投資[基礎編] 知らないと損!!
▶▶Part2 今年から始める米国投資
出来高少なく売買が成立しないETFは要注意
人気ストラテジスト3人が今年の相場を大予測
お宝銘柄 [配当利回りランキング]
お宝銘柄 [キャッシュリッチ企業ランキング]
お宝銘柄 [米国売上比率ランキング]
お宝銘柄 [最高益更新・低PERランキング]
お宝銘柄 [営業増益率ランキング]
2017年に株価が上がるお宝銘柄を探せ
個人投資家は海外投資家に振り回されるな
▶▶Part1 今こそ買い時日本株
日米両方の株式フル活用で資産を増やそう
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内