有料会員限定

投資のプロが指南、運用の切り札に海外ETF 低コストと種類の豊富さが何といっても魅力

印刷
A
A

米国をはじめ海外に上場するETF(上場投資信託)は、資産運用する人にとって、魅力度の高い商品だ。国内ETFに比べてコストが安い銘柄が多いうえ、種類も多彩。さらに、出来高も十分ある銘柄が多く、国内ETFのように流動性に悩まされる心配も少ない(関連記事へ)。

投資対象が同じ国内のETFや投信も存在する。だが、5年、10年という長期で運用することを考えると、コストの差がわずかであっても、最終的な運用成果は大きく変わる。運用ツールとして、メリットの多い海外ETFを活用しない手はない。

海外ETFの活用法は投資スタンスによって変わってくる。銘柄を選ぶ前に、投資スタンスを固めることが重要だ。投資スタンスは、売買行動や運用の成否を判断する期間により、「短期売買」と「長期投資」の二つに分かれる。

短期売買は、数カ月~5年未満で、市場環境の変化に応じて機動的に売買することだ。重視するのは、景気や需給などの市場見通しと、その狭間で揺れる投資家の心理。思惑が当たればよい結果=利益が得られ、外れれば損失を被る。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
生保レディ、昇格しても固定給が下がる理不尽
生保レディ、昇格しても固定給が下がる理不尽
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
トランプ相場に乗れ!
今年最大のネガティブサプライズにもなりうる
米国証券会社を通じた売買は確定申告が必須
[INTERVIEW]マネックス証券会長CEO・松本大
時価総額トップ10と日本でもおなじみ4銘柄
株式投資のバイブルには実は米国企業版もある
米国株投資[応用編] 魅力的な商品が多い
リスクコントロールで海外投資恐るるにたらず
為替の動向はどうやってつかめばよいのか
低コストと種類の豊富さが何といっても魅力
米国株投資[基礎編] 知らないと損!!
▶▶Part2 今年から始める米国投資
出来高少なく売買が成立しないETFは要注意
人気ストラテジスト3人が今年の相場を大予測
お宝銘柄 [配当利回りランキング]
お宝銘柄 [キャッシュリッチ企業ランキング]
お宝銘柄 [米国売上比率ランキング]
お宝銘柄 [最高益更新・低PERランキング]
お宝銘柄 [営業増益率ランキング]
2017年に株価が上がるお宝銘柄を探せ
個人投資家は海外投資家に振り回されるな
▶▶Part1 今こそ買い時日本株
日米両方の株式フル活用で資産を増やそう
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内