有料会員限定

くすぶる欧州の政治リスク、反EU旋風に注意 今年最大のネガティブサプライズにもなりうる

印刷
A
A
フランスのオランド大統領(左)と、ドイツのメルケル首相(右)(ロイター/アフロ)

特集「トランプ相場に乗れ!」の他の記事を読む

世界の株式市場で今年、最大のリスクイベントといわれるのが、欧州各国の選挙だ。3月のオランダ総選挙に始まり、フランス大統領選挙、同国民議会選挙、ドイツ連邦議会選挙が控えている(記事下表)。

中でもEU(欧州連合)の中核を担っている、フランスの大統領選挙(4、5月)と、ドイツの連邦議会選挙(9月)は注目度が高い。争点になっているのは反EUだ。

現職のフランス大統領であるオランド氏(中道左派)は、低支持率にあえいでいる。昨年12月には現職としては異例となる再選出馬断念を表明した。現状で有利とされるのは、中道右派で最大野党である共和党のフィヨン元首相。同氏はEUを重視する立場を取っている。

そのライバルとされるのが、極右政党・国民戦線の女性党首、ルペン氏だ。反EU、反移民を訴え、ナショナリズム、反グローバル主義の傾向が強い。英国のEU離脱決定(ブレグジット)や、トランプ氏の米大統領選挙勝利の流れに乗って、ルペン氏が勝利する展開を予想する声が、じわり高まっている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
トランプ相場に乗れ!
今年最大のネガティブサプライズにもなりうる
米国証券会社を通じた売買は確定申告が必須
[INTERVIEW]マネックス証券会長CEO・松本大
時価総額トップ10と日本でもおなじみ4銘柄
株式投資のバイブルには実は米国企業版もある
米国株投資[応用編] 魅力的な商品が多い
リスクコントロールで海外投資恐るるにたらず
為替の動向はどうやってつかめばよいのか
低コストと種類の豊富さが何といっても魅力
米国株投資[基礎編] 知らないと損!!
▶▶Part2 今年から始める米国投資
出来高少なく売買が成立しないETFは要注意
人気ストラテジスト3人が今年の相場を大予測
お宝銘柄 [配当利回りランキング]
お宝銘柄 [キャッシュリッチ企業ランキング]
お宝銘柄 [米国売上比率ランキング]
お宝銘柄 [最高益更新・低PERランキング]
お宝銘柄 [営業増益率ランキング]
2017年に株価が上がるお宝銘柄を探せ
個人投資家は海外投資家に振り回されるな
▶▶Part1 今こそ買い時日本株
日米両方の株式フル活用で資産を増やそう
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内