有料会員限定

情報発信にはカタカナ発音の「PPAP」OK ▶▶Part1 速効英語の鍛え方

印刷
A
A
池谷裕二 東京大学教授
いけがや・ゆうじ / 1970年生まれ。脳の海馬研究の第一人者。東大薬学部、同大学院修了。2014年から薬学部教授。『怖いくらい通じるカタカナ英語の法則』など著書多数。

特集「速効英語」の他の記事を読む

世界に情報を発信するなら、やはり英語が重要になる。ピコ太郎の「PPAP」がまさにそうだ。PPAPは、「パイナッポー」「アッポー」と発音したから世界中の人に視聴された。もし「アップル」と発音していたら、グローバルでは通じなかっただろう。

これまで日本では、英語の上達しない教育が用意周到に行われてきた。英語はあくまでも受験のツールであり、本当に英語でコミュニケーションできるようなカリキュラムは組まれていない。本当に話せるようにさせたいなら、韓国や中国、シンガポール、フィリピンの成功例を輸入すればいいのだが、これを行わず鎖国し続けているのは、輸入すると日本経済が大きな影響を受けてしまうからかもしれない。

多くの日本人は、英語で書かれた取扱説明書を読めないので「国産品を買おう」となりがちだ。海外製品が欲しい場合は、中間輸入業者が日本語の取扱説明書をつけてくれる。英語下手は頭脳流出の抑止力にもなっている。言語は関税以上に、日本経済に大きな役割を果たしているのが実態だろう。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
速効英語
20年度から英語は小学校3年生から必修に
2020年から入試英語は2技能から4技能へ
カリスマ講師・安河内哲也のスピーキング対策
話すトレーニングなしに英語力はつかない
どう変わったのか?第一人者・ヒロ前田が伝授
『ジョジョの奇妙な冒険』で学ぶ英語習得法
人気マンガが英語教材になって再びブレイク
疑問文を工夫することで話が広げやすくなる
通訳ガイドが伝授する外国人のありがち質問
同時通訳者が実際に見た間違えやすい失敗
ちゃぶ台返しをする外国人との交渉に役立つ
第4文型SVOOまで使えればそれでOK
▶▶Part2 現場で本当に使える英語
話題のライザップ、トライズ、レアジョブ
「Victory Speech」を徹底解剖
勉強よりも練習が"英語筋"を鍛える早道
中学3年レベルの英語で「瞬間英作文」に挑戦
▶▶Part1 速効英語の鍛え方
「5分刻みで積み上げる」「育児の合間に」
英語学習のプロが選んだおすすめ教材と勉強法
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内