有料会員限定

今年こそ英語マスター! 目的別超勉強法 英語学習のプロが選んだおすすめ教材と勉強法

印刷
A
A

今年こそ英語──。毎年のように年初に一念発起するものの、三日坊主か続いて1週間。そんな忙しい人にこそおすすめの「すき間時間活用術」を紹介。新TOEIC対策も網羅。

本誌:前田佳子、山川清弘、中原美絵子、遠山綾乃、菊地悠人、東出拓己、西澤佑介

「短期間で英語力をアップさせたい」

そんな願いをかなえる勉強法は、意外とシンプルだ。1日2~3時間、英語学習に取り組んでみる。すると「最短で3カ月から効果が表れ、6カ月後には英語力がついたと実感できるはず」と、法人向け研修などで多くのビジネスパーソンに英語を教えてきた英会話イーオンの箱田勝良氏は断言する。

とはいえ、忙しいビジネスパーソンが毎日2時間以上の学習を続けるのは無理! という嘆きも聞こえてきそう。だが、心配は無用だ。「30~40分刻みで学習を積み重ねると続けやすい。たとえば歩きながら英文を音読してもいい」と、『瞬間英作文』シリーズの著者・森沢洋介氏はアドバイスする。

短時間で最大の効果を出す“速効英語”のコツは、まさに時間配分にある。「通勤電車内でシャドーイング(音声を追いかけながらの英文音読)をするなど、工夫次第で1日3時間は捻出できる」と、トライオンの三木雄信代表は言い切る。電車内でのシャドーイングは周囲に迷惑をかけそうだが、マスクで口元を覆えば問題ないという。同社は海外赴任レベルの英語力習得を目指す英語塾「TORAIZ」を運営するが、実現には1年で1000時間の学習が目安となる。途中で受講者が勉強をサボらないよう、専属コンサルタントがマンツーマンで進捗を管理する。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
速効英語
20年度から英語は小学校3年生から必修に
2020年から入試英語は2技能から4技能へ
カリスマ講師・安河内哲也のスピーキング対策
話すトレーニングなしに英語力はつかない
どう変わったのか?第一人者・ヒロ前田が伝授
『ジョジョの奇妙な冒険』で学ぶ英語習得法
人気マンガが英語教材になって再びブレイク
疑問文を工夫することで話が広げやすくなる
通訳ガイドが伝授する外国人のありがち質問
同時通訳者が実際に見た間違えやすい失敗
ちゃぶ台返しをする外国人との交渉に役立つ
第4文型SVOOまで使えればそれでOK
▶▶Part2 現場で本当に使える英語
話題のライザップ、トライズ、レアジョブ
「Victory Speech」を徹底解剖
勉強よりも練習が"英語筋"を鍛える早道
中学3年レベルの英語で「瞬間英作文」に挑戦
▶▶Part1 速効英語の鍛え方
「5分刻みで積み上げる」「育児の合間に」
英語学習のプロが選んだおすすめ教材と勉強法
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内