有料会員限定

会話能力はE-CAT(国際英会話能力検定) カリスマ講師・安河内哲也のスピーキング対策

印刷
A
A
やすこうち・てつや / 1967年生まれ。上智大学外国語学部卒業。海外留学なしでTOEIC990点満点取得。20年以上の英語指導歴を持つ。(撮影:梅谷秀司)

特集「速効英語」の他の記事を読む

日常生活で英語を使う必要性がない「EFL(English as a Foreign Language)」環境にある日本。話す能力を高めるためには、スピーキングテストで自分にプレッシャーをかけるのが一番だ。スコアを上げることを目標にすれば、スカイプ英会話などを活用して徹底的に「話す」勉強をするようになるだろう。

ただ、これまでのスピーキングテストは英語初心者にとってはレベルが高すぎるという問題があった。難しすぎるテストは受験へのモチベーションを下げてしまう。そこで、インターネット経由で行う英語能力判定試験、iTEPを開発した米BES(Boston Educational Services)に私が働きかけ、EFL環境下の人に適切なレベルのスピーキングテストとしてBESが開発したのが「E-CAT(国際英語会話能力検定)なのである。

iTEPは世界の企業・政府や米国の学校で採用されており、文法、リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングという5技能の英語コミュニケーション能力を判定できる。E-CATはこの試験のスピーキングパートを取り出し、EFL向けにカスタマイズしたもの。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
速効英語
20年度から英語は小学校3年生から必修に
2020年から入試英語は2技能から4技能へ
カリスマ講師・安河内哲也のスピーキング対策
話すトレーニングなしに英語力はつかない
どう変わったのか?第一人者・ヒロ前田が伝授
『ジョジョの奇妙な冒険』で学ぶ英語習得法
人気マンガが英語教材になって再びブレイク
疑問文を工夫することで話が広げやすくなる
通訳ガイドが伝授する外国人のありがち質問
同時通訳者が実際に見た間違えやすい失敗
ちゃぶ台返しをする外国人との交渉に役立つ
第4文型SVOOまで使えればそれでOK
▶▶Part2 現場で本当に使える英語
話題のライザップ、トライズ、レアジョブ
「Victory Speech」を徹底解剖
勉強よりも練習が"英語筋"を鍛える早道
中学3年レベルの英語で「瞬間英作文」に挑戦
▶▶Part1 速効英語の鍛え方
「5分刻みで積み上げる」「育児の合間に」
英語学習のプロが選んだおすすめ教材と勉強法
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内