有料会員限定

ついにここまできた! 子どもたちの英語教育 20年度から英語は小学校3年生から必修に

印刷
A
A

小学5年生から行われている英語教育が、2020年度に3年生から必修となる。教育改革に先駆けて、英語教育に力を入れる私立校も増えている。その授業内容は、驚くほど深化している。

日本の教育を重視、英語でみそ汁も作る
LCA 国際小学校

児童には外国人もいるが、日本の教育の場だとインターナショナルスクールとの違いを強調する(撮影:尾形文繁)

特集「速効英語」の他の記事を読む

児童はコメを研ぎ、みそ汁の作り方を見ながら豆腐を切っていく。先生は児童の班を回りながら指導していく──。

どこにでもある家庭科の授業風景だ。ただ一つ違うのは、先生は英語で指導し、子どもたちも英語で返事をすることである。

神奈川県相模原市にあるLCA国際小学校は、08年に日本の私立小学校として国から認可を受けた。西村昭比古校長は「この小学校の特徴は日本の教育を英語で行うことだ」と話す。文部科学省の指導要領にのっとった教育を英語で行っており、日本のものではない教育を英語で行うインターナショナルスクールではないと保護者にも強調している。

1〜3年生は国語以外の授業をすべて英語で行い、4年生以上になると算数、理科、社会で日本語の授業が増える。ほぼ全員が中学受験を行うためで、特に英語に注力する私立中学校に進学する割合が高い。学校側は学習塾への通塾禁止を掲げる代わりに、学年が上がると授業に中学受験塾の教材も取り入れるようになる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
平気で「おにぎり」を買う人が知らない超残念な真実
平気で「おにぎり」を買う人が知らない超残念な真実
三井物産、肝煎りの「ロシアLNG」で正念場
三井物産、肝煎りの「ロシアLNG」で正念場
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
速効英語
20年度から英語は小学校3年生から必修に
2020年から入試英語は2技能から4技能へ
カリスマ講師・安河内哲也のスピーキング対策
話すトレーニングなしに英語力はつかない
どう変わったのか?第一人者・ヒロ前田が伝授
『ジョジョの奇妙な冒険』で学ぶ英語習得法
人気マンガが英語教材になって再びブレイク
疑問文を工夫することで話が広げやすくなる
通訳ガイドが伝授する外国人のありがち質問
同時通訳者が実際に見た間違えやすい失敗
ちゃぶ台返しをする外国人との交渉に役立つ
第4文型SVOOまで使えればそれでOK
▶▶Part2 現場で本当に使える英語
話題のライザップ、トライズ、レアジョブ
「Victory Speech」を徹底解剖
勉強よりも練習が"英語筋"を鍛える早道
中学3年レベルの英語で「瞬間英作文」に挑戦
▶▶Part1 速効英語の鍛え方
「5分刻みで積み上げる」「育児の合間に」
英語学習のプロが選んだおすすめ教材と勉強法
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内