有料会員限定

犬・猫の殺処分が減った裏で不正流通が拡大? 動物愛護管理法の影で暗躍する引き取り屋

印刷
A
A
栃木県の引き取り屋には、老齢の柴犬が小さな檻に詰められていた

特集「みんなペットに悩んでる」の他の記事を読む

高速道路を栃木県内のインターチェンジで降りて、さらに走ることおよそ10分。家並みが途切れた寂しい山中に、その施設はあった。

前庭を抜けて奥まった位置にある小屋に入ると、見たことのない光景が目に飛び込んでくる。所狭しと積まれた鉄製の檻(おり)。ヒステリックにほえ立てる犬の声。何日も洗っていない頭のような異臭が漂う。

ここは通称「犬の引き取り屋」だ。犬の繁殖業者(ブリーダー)が、妊娠・出産できなくなった老齢犬や障害のある犬といった売り物にならない個体を持ち込む。施設の所有者である男性は、1匹当たり数万円(推定)の謝礼と引き換えに犬を受け入れる。要するに、廃棄物の引き取り業者のような業態だ。

「今は柴犬しかいないよ。それも10匹ぐらいかな。随分減った」

やせたのも、思いのほかふっくらしたのもいるが、基本的にどれも老齢犬らしい。

行政が引き取らないから、もらってやっている

「この前、ブリーダーに電話したら『引き取ってもらいたい犬はいるけれど、動物愛護団体と一緒に来てくれないと困る』と言われた。あんな騒ぎになって、警察まで来たからね」

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
みんなペットに悩んでる
東洋経済メルマガ会員から寄せられた
生体販売に異議、買わずに飼う選択肢を提供
杉本彩&佐藤優が殺処分・生体展示販売にNo
動物愛護管理法の影で暗躍する引き取り屋
介護、安楽死、ペットロスで見えてくるもの
愛するペットを失った悲しみはどう癒やす?
人と動物を区別なく供養、自分の死後も託せる
非常に悩ましい、年老いたペットの介護問題
愛犬・愛猫との暮らしを死ぬまであきらめない
大手の商品でも内容や保険料が頻繁に変わる
人間に換算すれば100歳超えの長生きも!
「長生きすればうれしいが、老後には不安」
動物病院の経営はかつてほどに楽じゃない
健康診断で兆候確認、デンタルケアも効果的
眼科、がん、内科、外科、異常行動まで網羅
全国調査!「プロが本当に信頼する獣医」
心臓病は外科手術で根治、がん治療も多彩に
高い治療費、犬猫が嫌がっても続く検査・・・
「うちの子」「第5の家族」をめぐる大不安
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内