有料会員限定

体験談寄稿「動物の命を看取るということ」 介護、安楽死、ペットロスで見えてくるもの

印刷
A
A

生活の質をなるべく高く保ち、本人(犬・猫)らしく暮らして最期を迎えられるように周りが努力する──。命を看取るうえで、人も動物もそんなに違いはないと感じます。16年前に経験した、飼い猫のゴマの死がそのことを教えてくれました。

1998年夏、5歳だったゴマは、日本獣医畜産大学(現・日本獣医生命科学大学)の付属病院でリンパ腫と診断されました。ステージ4とかなり進行した状態で、延命を目指す抗がん剤治療を受けることに。主治医の鷲巣月美先生からは、いずれ抗がん剤が効かなくなるので安楽死を選択肢の一つとして考えておくようにと確定診断のときに告げられました。

病院や治療の選択、家での看護、経済面など、すべて自分で責任を持って動物を看取るのは初めての経験でした。幸い、ゴマのがんは抗がん剤に反応して小さくなり、1年半を比較的安定して過ごせました。その1年半は私にとってとても意味のある時間でした。まず、死にゆくことや安楽死について夫と話し合い、考えることができました。通院中に待合室で知り合ったほかの飼い主の方たちと親しくなり、共に支え合うようにもなりました。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
みんなペットに悩んでる
東洋経済メルマガ会員から寄せられた
生体販売に異議、買わずに飼う選択肢を提供
杉本彩&佐藤優が殺処分・生体展示販売にNo
動物愛護管理法の影で暗躍する引き取り屋
介護、安楽死、ペットロスで見えてくるもの
愛するペットを失った悲しみはどう癒やす?
人と動物を区別なく供養、自分の死後も託せる
非常に悩ましい、年老いたペットの介護問題
愛犬・愛猫との暮らしを死ぬまであきらめない
大手の商品でも内容や保険料が頻繁に変わる
人間に換算すれば100歳超えの長生きも!
「長生きすればうれしいが、老後には不安」
動物病院の経営はかつてほどに楽じゃない
健康診断で兆候確認、デンタルケアも効果的
眼科、がん、内科、外科、異常行動まで網羅
全国調査!「プロが本当に信頼する獣医」
心臓病は外科手術で根治、がん治療も多彩に
高い治療費、犬猫が嫌がっても続く検査・・・
「うちの子」「第5の家族」をめぐる大不安
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内