有料会員限定

いつか来る別れ「ペットロス」に向き合う方法 愛するペットを失った悲しみはどう癒やす?

印刷
A
A

愛犬・猫を失った飼い主の悲しみを表現する言葉として「ペットロス」がある。ペットの位置づけが愛玩動物から家族の一員へと変わり、ペットの寿命が延びて一緒に過ごす期間が長くなったことが背景になり定着した感がある。だが、その理解はまだ十分とはいえない。

帝京科学大学の濱野佐代子准教授(生命環境学部アニマルサイエンス学科)によると、1990年代からペットロスに関する論文が海外で増えてきた。だが心理学の専門家の間では今なお明確な定義はないという。濱野氏の場合は、「愛着対象であるペットを死別や別離で失う“対象喪失”の一つで、それに伴う一連の苦痛に満ちた悲哀もしくは悲嘆の心理過程」としている。

ペットロスに伴う心理過程(心の動き)は、人が自身の死に直面したときや近親者を失った際のモデルを基に説明されることが多い。よく引き合いに出されるのは、スイスの精神科医キューブラー・ロスが、死に至るまでの人間の心の動きを研究して提唱した「死にゆく過程の心理的段階」だ(図表1の下)。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
みんなペットに悩んでる
東洋経済メルマガ会員から寄せられた
生体販売に異議、買わずに飼う選択肢を提供
杉本彩&佐藤優が殺処分・生体展示販売にNo
動物愛護管理法の影で暗躍する引き取り屋
介護、安楽死、ペットロスで見えてくるもの
愛するペットを失った悲しみはどう癒やす?
人と動物を区別なく供養、自分の死後も託せる
非常に悩ましい、年老いたペットの介護問題
愛犬・愛猫との暮らしを死ぬまであきらめない
大手の商品でも内容や保険料が頻繁に変わる
人間に換算すれば100歳超えの長生きも!
「長生きすればうれしいが、老後には不安」
動物病院の経営はかつてほどに楽じゃない
健康診断で兆候確認、デンタルケアも効果的
眼科、がん、内科、外科、異常行動まで網羅
全国調査!「プロが本当に信頼する獣医」
心臓病は外科手術で根治、がん治療も多彩に
高い治療費、犬猫が嫌がっても続く検査・・・
「うちの子」「第5の家族」をめぐる大不安
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内