有料会員限定

ついにここまで来たペットの高度医療最前線 心臓病は外科手術で根治、がん治療も多彩に

印刷
A
A

多くの飼い主はペットを子ども同然と考えているが、人間の子どもとの最大の違いは、親すなわち飼い主よりも先に老いて死ぬのが普通だという悲しい現実だ。だからこそ、生命やQOL(クオリティ・オブ・ライフ)の危機に直面したときにどのような選択肢があるのか、平時から知っておく必要がある。

小動物医療は近年、急速に高度化が進んでいる。この進展にすべての獣医がキャッチアップできているとは限らない。「これしか方法はない」という獣医の言葉を盲信しないためにも、高度医療の最前線をのぞいておこう。

特集「みんなペットに悩んでる」の他の記事を読む

外科手術で根治可能小型犬の慢性心不全

心臓病は犬・猫とも死因の上位を占める。特に高齢の小型犬に多いのが僧帽弁閉鎖不全症で、心臓病の8割がこれだ。進行すると肺水腫(肺に水がたまる症状)によって呼吸困難になり、横にもなれずあえぐ姿は見るに堪えない。最後は心不全で絶命する。

動物医学書の多くは、この疾病は「基本的に治らない」と解説している。実際に動物病院でも「投薬で症状を抑え、静かに暮らすしかない」と診断されがちだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
みんなペットに悩んでる
東洋経済メルマガ会員から寄せられた
生体販売に異議、買わずに飼う選択肢を提供
杉本彩&佐藤優が殺処分・生体展示販売にNo
動物愛護管理法の影で暗躍する引き取り屋
介護、安楽死、ペットロスで見えてくるもの
愛するペットを失った悲しみはどう癒やす?
人と動物を区別なく供養、自分の死後も託せる
非常に悩ましい、年老いたペットの介護問題
愛犬・愛猫との暮らしを死ぬまであきらめない
大手の商品でも内容や保険料が頻繁に変わる
人間に換算すれば100歳超えの長生きも!
「長生きすればうれしいが、老後には不安」
動物病院の経営はかつてほどに楽じゃない
健康診断で兆候確認、デンタルケアも効果的
眼科、がん、内科、外科、異常行動まで網羅
全国調査!「プロが本当に信頼する獣医」
心臓病は外科手術で根治、がん治療も多彩に
高い治療費、犬猫が嫌がっても続く検査・・・
「うちの子」「第5の家族」をめぐる大不安
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内