有料会員限定

ダイバーシティこそ新しい価値の源泉だ プロ経営者のパイオニア 新浪剛史

印刷
A
A

三菱商事でローソンへの出資を主導し、2002年には43歳でローソン社長に就任。その実績を買われて14年にサントリーホールディングス(HD)の社長に転身した新浪剛史氏。日本における「プロ経営者」のトップランナーとして考える、次世代リーダーの育成法とは。

新浪剛史 サントリーホールディングス社長
にいなみ・たけし●1959年生まれ。81年三菱商事入社。91年ハーバード・ビジネススクール卒業。2002年ローソン社長。14年10月から現職。経済財政諮問会議の民間議員や政府税制調査会特別委員も務める。

特集「新・出世の条件」の他の記事を読む

人材育成に当たる人間は、自らも育つという意識を持つことが必要だ。私は三菱商事に勤務していた1995年に、その出資先の社長を初めて務めた。それ以来、社長歴は20年にわたるが、私自身ももっと成長しないといけないと思う。

人材が育成できている会社じゃないと成長しない。自分と一緒になってやれる人が増えれば増えるほど、事業を伸ばしやすい。「もっと面白いことをやっていこう」と呼びかけたとき、一緒にやってくれる人材を育成するのが大事だ。

日本企業はバブル崩壊以降、人材にかける予算を削りすぎた。これでは革新的なアイデアを生み続けることはできない。育成の取り組みは絶やしてはいけない。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
新・出世の条件
漫画家・弘兼憲史が推すのは調整型リーダー
元 三井物産人事マンの芥川賞作家
「誰のための活躍促進?」女性管理職の悲鳴
仲間を増やす大成、オリックスは部長がサポート
現役課長アンケート
人事部長覆面座談会
部下の変調はここでわかる
人材育成のための必須スキル
2W2Rを使いこなせ
エース社員はココが違う(3)
エース社員はココが違う(2)
エース社員はココが違う(1)
研修施設に100億円!
企業統治改革のオーソリティ 伊藤邦雄
経営人材育成のカリスマ 野田智義
プロ経営者のパイオニア 新浪剛史
[YKK]経営陣にズバリ提言
[日産]幹部育成の新組織を設置
[みずほ]メガバンクの文化が変わる
役員になる人、課長止まりの人
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内