有料会員限定

ガバナンス改革がミドルを変える 企業統治改革のオーソリティ 伊藤邦雄

印刷
A
A

今年3月に表面化したセブン&アイ・ホールディングスの社長人事騒動では、社外取締役のキーマンとして鈴木敏文会長(当時)の人事案にノーを突き付けた伊藤邦雄教授。

企業経営やコーポレートガバナンスの専門家だ。2014年に経済産業省のプロジェクトの座長として企業価値向上のあり方をまとめた「伊藤レポート」を発表。その中で掲げた「ROE(自己資本利益率)8%以上の達成」は日本企業の意識を大きく変えた。伊藤教授はガバナンス改革はトップマネジメントに限ったものではないと説く。

伊藤邦雄 一橋大学大学院特任教授
いとう・くにお●1951年生まれ。一橋大学商学部卒業。商学博士。研究分野は会計学。92年一橋大学教授。2015年から現職。住友化学や東レなど、大手企業の社外取締役を複数務める。(撮影:田所千代美)

特集「新・出世の条件」の他の記事を読む

コーポレートガバナンス改革の根っこにあるのは「稼ぐ力」だ。しっかり利益を上げられる企業こそが、グローバル競争の中で勝ち残れる。ROEは投資家が企業の稼ぐ力を点検する代表的な指標であり、日本企業は海外企業よりも低かった。

(HighwayStarz / PIXTA)

稼ぐ力を高めることはトップマネジメントだけの問題と思われがちだが、ミドル層や現場の社員もきちんと認識しなければガバナンス改革は完遂されない。トップが外に向けてROEの重要性を強調したり、「3年後に10%」と目標を掲げるだけでは不十分で、実現しなければ意味がない。ミドルは自分たちの行動が稼ぐ力を示す指標にどうつながるのかを認識する必要がある。具体的には、ROEという大本の指標を事業ごとの利益率や資産の回転率といった要素に分解したうえで、社内の目標に落とし込んでいくといい。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
新・出世の条件
漫画家・弘兼憲史が推すのは調整型リーダー
元 三井物産人事マンの芥川賞作家
「誰のための活躍促進?」女性管理職の悲鳴
仲間を増やす大成、オリックスは部長がサポート
現役課長アンケート
人事部長覆面座談会
部下の変調はここでわかる
人材育成のための必須スキル
2W2Rを使いこなせ
エース社員はココが違う(3)
エース社員はココが違う(2)
エース社員はココが違う(1)
研修施設に100億円!
企業統治改革のオーソリティ 伊藤邦雄
経営人材育成のカリスマ 野田智義
プロ経営者のパイオニア 新浪剛史
[YKK]経営陣にズバリ提言
[日産]幹部育成の新組織を設置
[みずほ]メガバンクの文化が変わる
役員になる人、課長止まりの人
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内