有料会員限定

島耕作はなぜ課長で終わらずに出世できたのか 漫画家・弘兼憲史が推すのは調整型リーダー

印刷
A
A

『課長 島耕作』の連載が始まったのは1983年。日本経済と電機産業の絶頂期とその後の凋落を背景として、団塊世代の主人公の出世物語を活写してきた。社会の現実を踏まえた作風で知られる弘兼憲史氏は、日本一有名なサラリーマンの歩みに何を託したのか。

ひろかね・けんし●1947年山口県岩国市生まれ。早稲田大学卒。松下電器産業勤務を経て74年に漫画家デビュー。代表作に『島耕作』シリーズのほか『黄昏流星群』『加治隆介の議』など。(撮影:梅谷秀司)

特集「新・出世の条件」の他の記事を読む

『島耕作』シリーズは、こんなに長く続くとは思っていなかった。そもそも最初は「ページが空いているから読み切りで何か描いて」という依頼に応じて書いた作品だ。内容はSFでもホラーでもよかったのだが、松下電器産業(現パナソニック)出身という自分の背景を生かすという意味で、大企業内部の人間模様を描いてみた。これが当時の編集長の目に留まり、連載が決まった。

この時点では、日本のサラリーマン社会を描こうなどという大きな意図があったわけではない。連載を始めてからキャラクターが自然に動きだした感じ。島耕作は私と同い年だが、スタート時点では35歳で課長に昇進する直前。連載10年目になって「もう45歳だから、そろそろ部長にしないと」ということで『部長 島耕作』が始まった。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
新・出世の条件
漫画家・弘兼憲史が推すのは調整型リーダー
元 三井物産人事マンの芥川賞作家
「誰のための活躍促進?」女性管理職の悲鳴
仲間を増やす大成、オリックスは部長がサポート
現役課長アンケート
人事部長覆面座談会
部下の変調はここでわかる
人材育成のための必須スキル
2W2Rを使いこなせ
エース社員はココが違う(3)
エース社員はココが違う(2)
エース社員はココが違う(1)
研修施設に100億円!
企業統治改革のオーソリティ 伊藤邦雄
経営人材育成のカリスマ 野田智義
プロ経営者のパイオニア 新浪剛史
[YKK]経営陣にズバリ提言
[日産]幹部育成の新組織を設置
[みずほ]メガバンクの文化が変わる
役員になる人、課長止まりの人
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内