有料会員限定

医療財政は持続可能なのか 膨れ上がる医療費

印刷
A
A

4月4日、衝撃的なプレゼンテーションに財務省4階の会議室は一瞬静まり返った。

この日開かれたのは財政制度等審議会の財政制度分科会。社会保障をテーマに、ゲストスピーカーとして日本赤十字社医療センターの國頭(くに とう)英夫・化学療法科部長が招かれた。國頭氏は肺がん治療の最新動向を説明した後、こう切り出した。

「この薬を1年間、肺がん患者5万人に使うと、1兆7500億円になります。あの幻の国立競技場が七つできる。この薬があと二つ出てくると5兆円。日本の防衛予算が全部飛ぶくらいのことになります」

この薬とは肺がんの最新治療薬・オプジーボのことだ。國頭氏の試算では、体重60㌔㌘の人にこの薬を1年間投与すると、3500万円かかる。従来高価だとされていた最初の分子標的薬・イレッサが245万円、アレセンサが1000万円弱かかるのと比べてもケタ違いに値が張る。

日本の医療費は年間約40兆円。このうち薬剤費に9兆円をかけている(図1)。一つの病気に対する一つの薬に1兆円単位のコストがかかると、日本の医療財政は持続可能でなくなることは明らかだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内