有料会員限定

お金と仕事に困ったら 自己申告が基本

✎ 1〜 ✎ 15 ✎ 16 ✎ 17 ✎ 18
拡大
縮小

おカネや仕事で何らかの問題を抱えるがん患者は少なくない。そうしたとき、健康保険や年金保険などの社会保険や税制上の優遇措置、福祉制度など、いわゆる公的制度によって医療費が軽減されたり、所得補償がなされたり、低利でおカネが借りられたりする。

ただ、すべての人が十分に活用できているとは言いがたい。制度の存在自体を知らない人や、存在は知っていても手続き方法や窓口がわからない人、自分が条件に該当しているか判断できない人もいる。

公的制度の仕組みは、とにかく複雑で難解だ。社会保険労務士などの専門家であっても、すべてを正確に理解しているとは限らない。さらに日本の縦割り行政の弊害から、それぞれ窓口がバラバラという点も、制度にアクセスしにくい要因だ。

図1を見てみよう。これは、がんになったときに使える公的制度やサービスを、困りごと別に分類したものだ。それぞれ該当する困りごとをチェックし、どのような制度があるか、相談先はどこかを確認してみよう。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内