有料会員限定

狙い目はオフィス・ホテル系 上場53銘柄を総チェック

印刷
A
A

特集「最新 マネー術」の他の記事を読む

J─REIT(不動産投資信託)の個別銘柄に投資する場合、対象銘柄がどんな用途の不動産に投資しているのかを確認することが重要だ。不動産収益を投資家に分配するJ─REITは、用途によって収益特性が異なるからだ。

主体とする投資対象別に銘柄を見ていくと、今年最も有望なのはオフィス系銘柄だろう。オフィス系の大半は、東京都心部の物件を中心に投資しているため、賃貸オフィス市況改善の恩恵を受けやすい。

足元で東京都心5区(千代田、中央、港、新宿、渋谷)の賃料単価は2010年9月ごろの水準まで回復している。オフィス系では既存テナントに対し賃料値上げを交渉しやすい環境が到来していると考えられる。

2番目に期待できるのはホテル系銘柄だ。ホテル系はほかの用途と異なり、物件の収益に合わせて賃料が変動する比率が高い。ほかの用途では変動賃料の割合が10%を下回るが、ホテル系は40%以上だ。

国内のホテルは今、旺盛なインバウンド需要の追い風を受け稼働率が高まり客単価が上昇している。収益成長が著しく、昨年以降、J─REITの中で最も増配率が高い銘柄になっている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
最新 マネー術
最新アプリ、ソフトでここまで変わる
電気代 比較サービスの活用が大事
スマホ 国の規制で何が変わる?
ローン 適用金利低下はもう限界
年利8.3%に百貨店客が殺到!
生保 1年以内に値上げ続出?
支出管理 給与明細も丁寧にチェック!
マイナス金利・携帯電話・電力自由化
上場53銘柄を総チェック
不動産 マイナス金利で分配金拡大へ
信託報酬やリターンでランキング
投信 放置しても大丈夫
債券 低迷相場の行き着く先
3期連続増収増益で割安なランキング
株主還元 ROE経営に待ったなし
株式 落ち目の銀行・保険株
投資手段 初心者にオススメ
世代別対策 老後破産は分散投資で防ぐ
辛口経済評論家 山崎 元氏に学ぶ
マイナス金利が直撃、運用商品へシフト進む
マイナス金利に負けない!
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内