ダウ急落、315ドル安の1万7280ドルに

原油安・弱い中国指標を嫌気

 12月12日、米国株式市場は急落して引けた。下げ止まらない原油相場に加え、弱い中国の経済指標が圧迫した。写真は8月4日、NY証取(2014年 ロイター/Carlo Allegri)

[ニューヨーク 12日 ロイター] - 12日の米国株式市場は急落。下げ止まらない原油相場に加え、弱い中国の経済指標が圧迫した。

S&Pエネルギー株指数<.SPNY>は2.2%下落。年初来からの下落率は16.5%に達した。

米原油先物はこの日、バレル当たり58ドルの水準を割り込み5年ぶり安値を更新。ダウ構成銘柄のエクソン・モービル<XOM.N>、シェブロン<CVX.N>はともに1年ぶり安値に沈んだ。

中国経済の減速を示唆するさえない指標を嫌気し、S&P素材株指数<.SPLRCM>は2.9%下げた。

12月の米ミシガン大消費者信頼感指数は約8年ぶりの高水準となったが、原油安や中国経済をめぐる懸念がこれを相殺した。

エネルギー相場のボラティリティが株式市場にも波及するとの懸念から、シカゴ・オプション取引所(CBOE)のボラティリティ・インデックス(VIX指数)は5%上昇の21.08となった。

ダウ工業株30種<.DJI>は315.51ドル(1.79%)安の17280.83ドル。

ナスダック総合指数<.IXIC>は54.56ポイント(1.16%)安の4653.60。

S&P総合500種<.SPX>は33.00ポイント(1.62%)安の2002.33。

週間では、ダウが3.7%、 S&Pが3.5%、ナスダックが2.7%いずれも下落。1週間の下落率としては、ダウが2011年11月以来、S&Pは2012年5月以来の大きさとなった。

ソフトウエア大手アドビ・システムズ<ADBE.O>は9%急伸。同社の第4・四半期(9─11月)決算は実質利益と売上高がアナリスト予想を上回ったほか、フォトストック(写真や画像の素材)の売買サイトを運営するフォトリアを8億ドルで買収すると明らかにした。

騰落銘柄数はニューヨーク証券取引所が上げ647で下げ2468(比率1対3.81)、ナスダックが上げ790で下げ1949(1対2.47)だった。

BATSグローバル・マーケッツのデータによると、米取引所の合計出来高は約76 億株で、月初来平均の69億株を上回った。

(カッコ内は前営業日比)

ダウ工業株30種(ドル)<.DJI>

終値         17280.83(‐315.51)

前営業日終値    17596.34(+63.19)

ナスダック総合<.IXIC>

終値         4653.60(‐54.56)

前営業日終値    4708.16(+24.13)

S&P総合500種<.SPX>

終値         2002.33(‐33.00)

前営業日終値    2035.33(+9.19)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT