有料会員限定

住宅バブルは破裂寸前 差し押さえ件数は3割増 徹底分析!不動産バブル2【欧州の予兆】

印刷
A
A

サブプライムローン問題は米国だけではない。住宅やオフィスの価格が高騰した英国やスペインなどでも、今後、問題が深刻化する可能性は大きい。

「英国の住宅市場は減速過程に入った」と分析するのは、英国の住宅ローン会社ハリファクスのチーフ・エコノミスト、マーティン・エリス氏だ。同社が算出する英国住宅価格指数は、8月をピークに9月、10月と下落した。2カ月連続の下落は2005年4~5月以来2年5カ月ぶりのこと。前年同月比では上回っているものの、上昇率は確実に鈍化している。

特集「「サブプライム」危機と真相」の他の記事を読む

また英国中央銀行(BOE)が発表した住宅ローンの月間承認件数も、06年秋の12万8000件をピークに減少に転じている。07年9月は前年同月比19.7%減と大幅な減少となった。住宅ローンの返済ができず差し押さえとなった件数も急増している。07年前半は前年同期比29.6%増の1万4000件に達した。

不動産関連サービス大手ジョーンズ・ラング・ラサールのヨーロッパ・キャピタル・マーケット・グループCEOのトニー・ホレル氏は、「英国の住宅市場は、現在、信用収縮の影響が大きく、取引高が減少している。今後は、住宅価格が総体的下落に転じると見る。ただ、英国は住宅の供給が少ないので、大幅な価格下落は考えにくい」と語る。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
「サブプライム」危機と真相
[Special Interview 2]アラン・グリーンスパン FRB前議長
徹底分析!不動産バブル3【日本の変調】
徹底分析!不動産バブル2【欧州の予兆】
徹底分析!不動産バブル1【米国の崩落】
徹底予測!マーケット収縮【為替&金利 2 】
[COLUMN]「米国資本主義の顔」はサブプライム問題の最大犠牲者?
徹底予測!マーケット収縮【株式〈欧州〉】
徹底予測!マーケット収縮〈中国・インド・ベトナム・タイ株〉
徹底予測!マーケット収縮〈日本株〉
徹底予測!マーケット収縮〈米国株〉
[SPECIAL INTERVIEW]ジョセフ・E・スティグリッツ
[Special Topics 2]
徹底追究!サブプライム危機3【どこまで広がるのか?】
徹底追究!サブプライム危機2【誰が悪いのか?】
[Special Topics 1]10年ごとに大爆発!
徹底追究!サブプライム危機1【問題の核心は何か?】
市場はなぜ脅えるのか!
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内