有料会員限定

金融市場の信用収縮で世界の不動産バブル終焉へ 徹底分析!不動産バブル1【米国の崩落】

印刷
A
A

[INTERVIEW]エール大学経済学部教授 ロバート・J・シラー

サブプライムローン問題を機に一気に収縮へと向かった金融市場。世界的なカネ余りで各国に生まれていた不動産バブルは、今後、はじけるのか。米国、欧州、日本、中国の不動産市況の行く末を分析・予測する。

米国の住宅価格の下落に歯止めがかからない。全米の住宅価格の騰落率を示すS&P/ケース・シラー住宅価格指数は、2007年4~6月期に前年同期比3・2%低下した。1987年の算出開始以来、最大の下げである。主要10都市を対象とする同月次指数の前年同月比は、今年1月に11年ぶりにマイナスに転落した。以後、7カ月下落が続いている。

この指数の開発者であると同時に、2000年春、著書『根拠なき熱狂』を出版し、ITバブルの崩壊をいち早く予言したバブル研究の第一人者、ロバート・J・シラー教授に、サブプライムローン問題の今後の影響について聞いた。

「米国の住宅価格の暴落は、大恐慌以来、最悪の事態に」

Robert J.Shiller / 1946年生まれ。金融経済学者。投機的バブルを分析した『根拠なき熱狂』(邦題)は全米ベストセラー。他、著書多数。米国の住宅価格動向を示す「S&P/ケース・シラー住宅価格指数」の共同開発者。9月には、連邦議会でサブプライムローン危機に関する証言を行った。

──住宅価格はどこまで下がると考えられますか。

シカゴ・マーカンタイル取引所で取引されている住宅価格指数の先物は08年8月までに、さらに7~13%下落すると暗示している。住宅の資産価値は約23兆ドルある。先物取引の予想どおりになると、住宅価値の実質的損失はさらに3兆ドル膨れ上がることになる。私は、今回の住宅価格の暴落は、大恐慌以来、最悪のものになりかねないと憂慮している。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
「サブプライム」危機と真相
[Special Interview 2]アラン・グリーンスパン FRB前議長
徹底分析!不動産バブル3【日本の変調】
徹底分析!不動産バブル2【欧州の予兆】
徹底分析!不動産バブル1【米国の崩落】
徹底予測!マーケット収縮【為替&金利 2 】
[COLUMN]「米国資本主義の顔」はサブプライム問題の最大犠牲者?
徹底予測!マーケット収縮【株式〈欧州〉】
徹底予測!マーケット収縮〈中国・インド・ベトナム・タイ株〉
徹底予測!マーケット収縮〈日本株〉
徹底予測!マーケット収縮〈米国株〉
[SPECIAL INTERVIEW]ジョセフ・E・スティグリッツ
[Special Topics 2]
徹底追究!サブプライム危機3【どこまで広がるのか?】
徹底追究!サブプライム危機2【誰が悪いのか?】
[Special Topics 1]10年ごとに大爆発!
徹底追究!サブプライム危機1【問題の核心は何か?】
市場はなぜ脅えるのか!
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内