有料会員限定

危機を深化させた金融革新、時価の見えない「証券化」の怖さ 徹底追究!サブプライム危機1【問題の核心は何か?】

印刷
A
A

危機は第3ステージ突入、新手の住宅ローンが発端

当初融資期間の金利優遇や証券化といった金融革新で、信用力が低い人向けのローンを拡大させたことが、問題の発端。証券化商品は転売がしづらく、時価が見えない怖さもあり、危機は一段と深刻化している。

終わりが見えそうで見えないサブプライムローン問題。危機は、現在、第3ステージに突入している。

第1ステージの始まりは今年2月末。1万8300円あった日経平均株価が1週間で9.7%暴落するなど、世界同時株安が起きたときだ。中国・上海株の急落が発端だが、1週間下げ続けたのは米国サブプライムローン問題が背景にあるからと、その存在が知られるようになった。その後、世界景気の拡大で各国株価は最高値圏へと再ブーストした。

だが、7月下旬から危機第2ステージへと突入。サブプライムローンを担保にした証券化商品にかかわる金融市場が変調したためだ。8月16日、米NYダウは前日比344ドル安(ザラ場ベース)まで突っ込んだ。

翌17日には米FRB(連邦準備制度理事会)が公定歩合を緊急利下げ。各国中央銀行も大量の流動性供給で応じた。9月18日には政策金利であるFFレートも0.5%引き下げ、NY株価は10月中旬、再び史上最高値を更新した。10月末にも0.25%の追加利下げをし、サブプライムローン問題は終焉に向かうとの楽観的な声も聞かれた。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
「サブプライム」危機と真相
[Special Interview 2]アラン・グリーンスパン FRB前議長
徹底分析!不動産バブル3【日本の変調】
徹底分析!不動産バブル2【欧州の予兆】
徹底分析!不動産バブル1【米国の崩落】
徹底予測!マーケット収縮【為替&金利 2 】
[COLUMN]「米国資本主義の顔」はサブプライム問題の最大犠牲者?
徹底予測!マーケット収縮【株式〈欧州〉】
徹底予測!マーケット収縮〈中国・インド・ベトナム・タイ株〉
徹底予測!マーケット収縮〈日本株〉
徹底予測!マーケット収縮〈米国株〉
[SPECIAL INTERVIEW]ジョセフ・E・スティグリッツ
[Special Topics 2]
徹底追究!サブプライム危機3【どこまで広がるのか?】
徹底追究!サブプライム危機2【誰が悪いのか?】
[Special Topics 1]10年ごとに大爆発!
徹底追究!サブプライム危機1【問題の核心は何か?】
市場はなぜ脅えるのか!
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内