有料会員限定

海外投資家に加えて日本勢も見限り始めた! 徹底予測!マーケット収縮〈日本株〉

印刷
A
A
日本の株式市場を生かすも殺すも外国人投資家次第。歪んだ投資家構造が株価急落の遠因になった

特集「「サブプライム」危機と真相」の他の記事を読む

世界中からヘッジファンドのファンドマネジャーや投資家が一堂に会する「ヘッジファンド・カンファレンス」。投資家にとって有望なマネジャー発掘のための大切な“見合いの席”で、最近、一つの異変が起きている。

投資家が興味を示すのはもっぱら、日本を除いたアジア地域の株式を取り扱うマネジャー。たまに日本株のテーブルを訪れる人がいても「いすを貸してください」というお願いがほとんど。まさにジャパンパッシングが第一線でも起きている。

売買代金シェア6割を超す外国人投資家の「日本株離れ」が止まらない。日本株価への悪影響は甚大だ。特に「欧州からの売り物が続いている」(東洋証券の児玉克彦シニアストラテジスト)という。

海外勢は8、9月の2カ月間で計1兆5000億円余りの売り越しを記録。10月には約5000億円の買い越しとなったが、「長期の強気見通しではなく、目先の割安感に基づいた消極的な買いの側面が大きい」(ソシエテジェネラルアセットマネジメントの白石茂治顧問)。11月第1週(5~9日)は再び、約2800億円の売り越しへ転じた(いずれも3市場ベース)。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
「サブプライム」危機と真相
[Special Interview 2]アラン・グリーンスパン FRB前議長
徹底分析!不動産バブル3【日本の変調】
徹底分析!不動産バブル2【欧州の予兆】
徹底分析!不動産バブル1【米国の崩落】
徹底予測!マーケット収縮【為替&金利 2 】
[COLUMN]「米国資本主義の顔」はサブプライム問題の最大犠牲者?
徹底予測!マーケット収縮【株式〈欧州〉】
徹底予測!マーケット収縮〈中国・インド・ベトナム・タイ株〉
徹底予測!マーケット収縮〈日本株〉
徹底予測!マーケット収縮〈米国株〉
[SPECIAL INTERVIEW]ジョセフ・E・スティグリッツ
[Special Topics 2]
徹底追究!サブプライム危機3【どこまで広がるのか?】
徹底追究!サブプライム危機2【誰が悪いのか?】
[Special Topics 1]10年ごとに大爆発!
徹底追究!サブプライム危機1【問題の核心は何か?】
市場はなぜ脅えるのか!
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内