有料会員限定

マエストロの弁明 [Special Interview 2]アラン・グリーンスパン FRB前議長

印刷
A
A

スティグリッツ教授に「たぐいまれなほど罪が深い」(INTERVIEW参照)と名指されたグリーンスパンFRB前議長。サブプライム危機をどのようにとらえているのか。経営コンサルティングファームA・T・カーニー主催で11月6日に行われた「CEO’sミッション2007」コンファレンスでの特別基調講演をまとめた。インタビュアーはA・T・カーニーCEOのポール・ラウディシナ。

「バブルは人間の本性! 中央銀行は救えない」

Alan Greenspan / 1987年から2006年まで18年半にわたってFRB(米国連邦準備制度理事会)の議長を務めた。レーガン、ブッシュ(父)、クリントン、ブッシュ(子)の各大統領から任命された。FRB入りする前はJPモルガン、モービルなどさまざまな会社で取締役。1926年3月6日NY生まれ。現在はコンサルティング会社を経営。

──サブプライム危機は、今後、どのような展開をするのですか。

まず、認識しなければいけないのは、サブプライムローンの問題が、ほかの問題も引き起こしているという点だ。1998年に流動性と金融の逼迫に直面したが、そのときと同じことが現在、世界で起こっている。

特に重要なのが、米国の住宅価格を大幅に引き下げている問題だ。サブプライムを基にした証券化商品は世界中に約9000億ドルある。米国の住宅価格が低下傾向にあるため、それらの価値も下落している。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
「サブプライム」危機と真相
[Special Interview 2]アラン・グリーンスパン FRB前議長
徹底分析!不動産バブル3【日本の変調】
徹底分析!不動産バブル2【欧州の予兆】
徹底分析!不動産バブル1【米国の崩落】
徹底予測!マーケット収縮【為替&金利 2 】
[COLUMN]「米国資本主義の顔」はサブプライム問題の最大犠牲者?
徹底予測!マーケット収縮【株式〈欧州〉】
徹底予測!マーケット収縮〈中国・インド・ベトナム・タイ株〉
徹底予測!マーケット収縮〈日本株〉
徹底予測!マーケット収縮〈米国株〉
[SPECIAL INTERVIEW]ジョセフ・E・スティグリッツ
[Special Topics 2]
徹底追究!サブプライム危機3【どこまで広がるのか?】
徹底追究!サブプライム危機2【誰が悪いのか?】
[Special Topics 1]10年ごとに大爆発!
徹底追究!サブプライム危機1【問題の核心は何か?】
市場はなぜ脅えるのか!
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内