有料会員限定

サブプライム危機は世界に蔓延し、今も増殖し続ける 徹底追究!サブプライム危機3【どこまで広がるのか?】

印刷
A
A

いつまで続くのか、どこまで広がるのか──。サブプライム危機の伝染はとどまるところを知らない。
金融機関の損失が予想以上に拡大するようだと、米国の実体経済や地方公共団体にも影響が及びそうだ。

“ステルス型危機”が地雷のように埋め込まれており、いつ、どこで爆発するのかわからない──。住宅価格の下落を発端に、世界を揺るがしているサブプライムショックのコンタジオン(伝染)の恐怖は、「まさに“見えなかった危機”が姿を現したことによるパニック」(第一生命経済研究所の熊野英生主席エコノミスト)なのかもしれない。始末に悪いのは、この危機が新型ウイルスのように世界経済に蔓延し、今も増殖し続けていることだ。

「危機の全体像がどこまで広がるのか、わからない」と頭を抱え込む日本の金融・市場関係者が多い中、米国での認識は日本と異なってきた。すべてをパニック的な危機と理解するのではなく、サブプライムローン問題と証券化商品の問題は切り分けて考えるべきだというのだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
「サブプライム」危機と真相
[Special Interview 2]アラン・グリーンスパン FRB前議長
徹底分析!不動産バブル3【日本の変調】
徹底分析!不動産バブル2【欧州の予兆】
徹底分析!不動産バブル1【米国の崩落】
徹底予測!マーケット収縮【為替&金利 2 】
[COLUMN]「米国資本主義の顔」はサブプライム問題の最大犠牲者?
徹底予測!マーケット収縮【株式〈欧州〉】
徹底予測!マーケット収縮〈中国・インド・ベトナム・タイ株〉
徹底予測!マーケット収縮〈日本株〉
徹底予測!マーケット収縮〈米国株〉
[SPECIAL INTERVIEW]ジョセフ・E・スティグリッツ
[Special Topics 2]
徹底追究!サブプライム危機3【どこまで広がるのか?】
徹底追究!サブプライム危機2【誰が悪いのか?】
[Special Topics 1]10年ごとに大爆発!
徹底追究!サブプライム危機1【問題の核心は何か?】
市場はなぜ脅えるのか!
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内