有料会員限定

住宅バブルに踊った面々、行き過ぎたリスク軽視 徹底追究!サブプライム危機2【誰が悪いのか?】

印刷
A
A

サブプライムローン問題は多くの関係者で引き起こされている。FRB、SEC、財務省などの金融監督機関に始まり、借り手、ブローカー、ローン会社、証券化業者、格付け会社など。住宅価格の上昇を前提に拡大したことがあだに。

特集「「サブプライム」危機と真相」の他の記事を読む

サブプライム危機を招いた張本人は誰か──。前提となる住宅バブルを引き起こしたという意味では、米FRB(連邦準備制度理事会)の罪は重い。異常に低い1%の政策金利を1年近く続けるなど、際立った金融緩和策をとったからだ。グリーンスパン前議長は「中央銀行が資産バブルを解消することは極めて難しい」(→関連記事へ)と述べ、半ば責任を放棄しているが、免責されるような立場にはないはずだ。

同様にサブプライムローンという安易な融資や証券化を見過ごしてきた財務省やSEC(米国証券取引委員会)の怠慢も免れないだろう。

借り手に対してサブプライムローンの仕組みを伝える役目を直接担っているのは、住宅ローン会社あるいは住宅ローンブローカーだ。彼らは十分、その役割を果たしてきたか。

ブローカーには、顧客が契約を結ぶごとに手数料が入る。このため、ひたすら件数の拡大に励む。「NINJAローン」(ノーインカム・ノージョブ・ノーアセット)や「うそつきローン」(所得証明が不要)といった質の悪いローンも横行した。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
「サブプライム」危機と真相
[Special Interview 2]アラン・グリーンスパン FRB前議長
徹底分析!不動産バブル3【日本の変調】
徹底分析!不動産バブル2【欧州の予兆】
徹底分析!不動産バブル1【米国の崩落】
徹底予測!マーケット収縮【為替&金利 2 】
[COLUMN]「米国資本主義の顔」はサブプライム問題の最大犠牲者?
徹底予測!マーケット収縮【株式〈欧州〉】
徹底予測!マーケット収縮〈中国・インド・ベトナム・タイ株〉
徹底予測!マーケット収縮〈日本株〉
徹底予測!マーケット収縮〈米国株〉
[SPECIAL INTERVIEW]ジョセフ・E・スティグリッツ
[Special Topics 2]
徹底追究!サブプライム危機3【どこまで広がるのか?】
徹底追究!サブプライム危機2【誰が悪いのか?】
[Special Topics 1]10年ごとに大爆発!
徹底追究!サブプライム危機1【問題の核心は何か?】
市場はなぜ脅えるのか!
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内