有料会員限定

立ちすくむPEファンド、「次」狙うヘッジファンド [COLUMN]「米国資本主義の顔」はサブプライム問題の最大犠牲者?

印刷
A
A
4月に日本で初会見したKKRの共同創設者の2人。サブプライム問題で影が薄れ、上場予定も延期されたままだ

特集「「サブプライム」危機と真相」の他の記事を読む

半年前までは「米国資本主義の顔」とまでハヤされたプライベート・エクイティ・ファンド(PEF)。彼らのM&Aサクセスストーリーを支えたのは、レバレッジドファイナンスを駆使した飽くなき“信用膨張”手法と、ハイリターンの欲望に満ちた投資マネーの潤沢な流入だった。

それがサブプライムローン(信用力の低い個人向け住宅融資)問題で信用収縮が加速、今やPEFの影は薄い。代表的な米PEFであるKKR(コールバーグ・クラビス・ロバーツ)は、今年10月にそんなM&A環境の落差を思い知らされる2つの案件に直面した。320億ドルという世界最大の買収案件、TXU(米電力・ガス大手会社)を、米TPG(PEF)などと共同で買収を完了した。一方で、TXU買収額の4分の1の案件、ハーマン・インターナショナル(音響機器メーカー)の買収合意を撤回した“ペナルティ”として、ハーマンから4億ドルの優先債をゴールドマン・サックス投資部門とともに引き受けるという顛末に見舞われたからだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
「サブプライム」危機と真相
[Special Interview 2]アラン・グリーンスパン FRB前議長
徹底分析!不動産バブル3【日本の変調】
徹底分析!不動産バブル2【欧州の予兆】
徹底分析!不動産バブル1【米国の崩落】
徹底予測!マーケット収縮【為替&金利 2 】
[COLUMN]「米国資本主義の顔」はサブプライム問題の最大犠牲者?
徹底予測!マーケット収縮【株式〈欧州〉】
徹底予測!マーケット収縮〈中国・インド・ベトナム・タイ株〉
徹底予測!マーケット収縮〈日本株〉
徹底予測!マーケット収縮〈米国株〉
[SPECIAL INTERVIEW]ジョセフ・E・スティグリッツ
[Special Topics 2]
徹底追究!サブプライム危機3【どこまで広がるのか?】
徹底追究!サブプライム危機2【誰が悪いのか?】
[Special Topics 1]10年ごとに大爆発!
徹底追究!サブプライム危機1【問題の核心は何か?】
市場はなぜ脅えるのか!
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内