中国のバブル崩壊はあるのか?

世界最大の投信・バンガードのレムコ氏に聞く

中国のバブル崩壊はいつ起きるのか?
 世界最大の投信会社・バンガード社でタクサブル・クレジット・リサーチ・グループのシニア・アナリストを務めるジョナサン・レムコ博士が、このほど来日した。目的は日本を含むアジア経済の分析だ。同氏は前職のクレディスイスでは、ソブリンリスク調査チームの統括者を務めるなど、いわばソブリンリスク分析のプロだ。新興国を中心に、今後の見通しやリスクなどについて、率直な意見を聞いた。

中国バブルの崩壊の可能性は?

――現状、世界経済の成長エンジンは、米国が担っています。中国経済の減速感は否めません。すでに住宅バブルの崩壊が始まっているとの見方もありますね。

レムコ氏は、中国が世界金融危機の引き金となるリスクは低いと断言する

中国については、来年の2015年のGDP成長率を6.8~7.3%と予測しています。確かに減速してはいますが、他の新興国と比べれば、なお速いスピードで成長しています。中国経済に対する見方は、悲観的というよりも安定的です。

経済格差、シャドーバンキング、住宅バブルといった問題点を解決する努力は必要ですが、クレジットアナリストの観点から言えば、中国経済が世界金融危機のトリガーになるリスクは低い。何よりも3.8兆ドルという巨額の外貨準備を有しているのは、大きな安心材料です。

――とはいえ、中国経済が今後も成長スピードを維持していくためには、構造改革が必要です。

たとえば米国のウォルマートで売られている製品を見ると、かつて中心だったメイド・イン・チャイナから、メイド・イン・スリランカ、バングラデシュ、ベトナムなどにシフトしつつあります。これは、中国の低賃金労働にとってはプレッシャーです。今後はいかにハイエンド製品の製造に移れるかが、大きな課題になるでしょう。

次ページインドへの期待は?レムコ氏が最も注目する国は?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 住みよさランキング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT