中国のバブル崩壊はあるのか?

世界最大の投信・バンガードのレムコ氏に聞く

中国のバブル崩壊はいつ起きるのか?
 世界最大の投信会社・バンガード社でタクサブル・クレジット・リサーチ・グループのシニア・アナリストを務めるジョナサン・レムコ博士が、このほど来日した。目的は日本を含むアジア経済の分析だ。同氏は前職のクレディスイスでは、ソブリンリスク調査チームの統括者を務めるなど、いわばソブリンリスク分析のプロだ。新興国を中心に、今後の見通しやリスクなどについて、率直な意見を聞いた。

中国バブルの崩壊の可能性は?

――現状、世界経済の成長エンジンは、米国が担っています。中国経済の減速感は否めません。すでに住宅バブルの崩壊が始まっているとの見方もありますね。

レムコ氏は、中国が世界金融危機の引き金となるリスクは低いと断言する

中国については、来年の2015年のGDP成長率を6.8~7.3%と予測しています。確かに減速してはいますが、他の新興国と比べれば、なお速いスピードで成長しています。中国経済に対する見方は、悲観的というよりも安定的です。

経済格差、シャドーバンキング、住宅バブルといった問題点を解決する努力は必要ですが、クレジットアナリストの観点から言えば、中国経済が世界金融危機のトリガーになるリスクは低い。何よりも3.8兆ドルという巨額の外貨準備を有しているのは、大きな安心材料です。

――とはいえ、中国経済が今後も成長スピードを維持していくためには、構造改革が必要です。

たとえば米国のウォルマートで売られている製品を見ると、かつて中心だったメイド・イン・チャイナから、メイド・イン・スリランカ、バングラデシュ、ベトナムなどにシフトしつつあります。これは、中国の低賃金労働にとってはプレッシャーです。今後はいかにハイエンド製品の製造に移れるかが、大きな課題になるでしょう。

次ページインドへの期待は?レムコ氏が最も注目する国は?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • トクを積む習慣
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT