なぜ中国からはノーベル賞が出ないのか

ビジネス面から見える、技術軽視国家の弱点

そもそも、研究や開発や探検とは、だれもやらないことに価値がある。イノベーションの本質は「知識創造プロセス」だから、その環境の整ったところでしか達成できないのである。

中国の成熟度と、個々の中国人の能力は別

さて、いくら科学系のノーベル賞がゼロだと言っても、中国の問題点ばかりをあげつらうのはアンフェアである。現代の中国の研究制度や評価制度に歪みがあることと、中国人の個々の研究者の能力とは全く別物だからだ。

そもそも、世界の三大発明の原点はすべて中国である。三大発明とは印刷技術、火薬、羅針盤だが、まず「印刷技術」は2世紀ごろに蔡倫が紙を発明し7世紀には中国で木版印刷がはじまった。ヨーロッパのグーテンベルグによる活版印刷が始まったのは1450年頃だ。

「火薬」にしても7世紀から10世紀にかけて「唐」の時代に黒色火薬が使われていた。「羅針盤」も11世紀には中国で実用化されていたようだ。中国人こそ創造性があるといっても過言ではない。「APECブルー」ではないが、再び青い空を取り戻すために、エネルギーや公害問題に取り組んでいる技術者の中から、素晴らしい技術が発見されるかもしれない。

中国国籍の中国人がノーベル賞をとるには、まだ歳月が必要だという中国人の識者が少なくないが、別に今の中国人にノーベル賞がなくても気にすることはない。そのうちには毎年、中国人がノーベル賞を受賞する時代が来ることは間違いない。
 

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • コロナ後を生き抜く
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT