NEC系情報システム会社がIBM製サーバーを取り扱う理由とは?

4月22日付け日本経済新聞朝刊1面トップに刺激的な見出しが踊り、業界の話題を呼んでいる。「情報システム国内大手、IBMサーバーを調達」「まずNEC系。系列超え構築」というものだ。
 記事ではNECの子会社であるNECトータルインテグレーションサービス(NTIS)が日本IBMと販売提携を結び、IBM製のハードをメインフレーム(大型汎用機)からパソコンサーバまで取り扱っていくというもの。NTISでは今後3年で50億円、全受注件数の約3割をIBM商品になるという。
 ここまでは4月22日にNTISも正式発表しており、紛れもない事実。が、問題はNTISがIBMと提携した背景説明だ。日経では、NEC、日立製作所、富士通などの国内システム会社はハード事業の採算が悪化しており、「今後はIBM製品の取り扱いが増える見通し」と解説。NEC系に限らず、「富士通系のシステム会社とも交渉中」とまで書いている。これについて、富士通では即座に否定のリリースを出した。
 実は、今回の提携の本質はずっと単純だ。NTISはもともとNECと東芝の合弁で設立された「NEC東芝情報システム」。主に独自仕様の汎用機(非IBM互換機)である「ACOS」の販売とサポートを担当してきた。紆余曲折を経て、4月1日には東芝の保有株式をNECソフトが買い取り、完全なNECグループとして新スタートを切ったばかりだった。NEC「ACOS」を利用する顧客企業の間では、IBM機もしくはIBM互換機(富士通、日立)への乗り換えが進行しており、NTISが生き残るためには、この顧客離れに歯止めを掛けることが、極めて重要だった。そこで、NTISの西川喜勝社長がNECの金杉明信社長を説得し、実現したのが今回のIBMとの提携だ。「ACOS」を抱えてきたNECだからこそ、ありえた提携であり、この提携が富士通・日立に広がる可能性は、それほど高くない。
【山田俊浩記者】

(株)東洋経済新報社 電子メディア編集部

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT