ことばと思考 今井むつみ著

ことばと思考 今井むつみ著

人はことばを通して世界を見たり、物事を考えたりする。ではその「ことば」は日常的な思考に対しどのような働きをし、知性の形成にどのようにかかわっているのだろうか。そして異なる言語を話す外国人と日本人との間では、認識や思考のあり方は異なるのだろうか。

さらに、ことばの学習が子どもの知識や思考の仕方をどのように変えるのか、ことばの存在や使い方がモノの知覚の仕方、記憶、推論や意思決定にどのような影響を与えるのかといった疑問にも、数々の調査や実験データを挙げ、科学的な視点から迫る。認知心理学・発達心理学の専門家が言語と思考のかかわりについて、さまざまな観点から考察する。

岩波新書 840円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ルポ「ホームレス」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。