定額聴き放題は日本に根付かない!?

無料配信が普及、超高音質もニーズ低い

国内では、13年の音楽ダウンロードのシェアは約1割で、いまだに約9割がCDを中心としたパッケージ販売で占められている(日本レコード協会調べ)。

一方で、世界の音楽市場では、1曲ごとに課金するダウンロード型ではなく、無料や定額で聴き放題となるストリーミング型の音楽配信サービスがシェアを拡大、約1割を占めるまでになっている。

スポティファイも日本進出に難航

日本でも、音楽市場全体が縮小傾向の中で、この聴き放題の音楽配信サービスに期待する向きがある。

たとえばエイベックス・グループは、昨年2月、ソフトバンクとの合弁で「UULA」を開始。また同社は、今年10月にはLINE、ソニー・ミュージックエンタテインメントとの合弁会社を設立した。さらに11月には、サイバーエージェントとの共同出資による新会社設立を発表し、新たに二つの月額定額制聴き放題の音楽配信サービス開始を目指している。

先行して始まっているUULAの会員数は、100万人超で伸び悩んでいる。世界最大の利用者数を誇るスポティファイも長年、日本進出の機会をうかがいながら難航している。各社は試行錯誤を続けているが、今のところ明るい兆しは見えない。

(「週刊東洋経済」2014年11月29日号<25日発売>の「価格」を読むを転載)

 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ戦争を読み解く
  • コロナショックの大波紋
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手不動産がこぞって参戦<br>「シェアオフィス」ブームの内実

テレワークや働き方改革の浸透で存在感を高めているのが「シェアオフィス」です。大手から中小まで多数の参入が相次いでいますが、目的はさまざま。通常のオフィス賃貸と比べた収益性も事業者で濃淡があり、工夫が必要です。