定額聴き放題は日本に根付かない!?

無料配信が普及、超高音質もニーズ低い

国内では、13年の音楽ダウンロードのシェアは約1割で、いまだに約9割がCDを中心としたパッケージ販売で占められている(日本レコード協会調べ)。

一方で、世界の音楽市場では、1曲ごとに課金するダウンロード型ではなく、無料や定額で聴き放題となるストリーミング型の音楽配信サービスがシェアを拡大、約1割を占めるまでになっている。

スポティファイも日本進出に難航

日本でも、音楽市場全体が縮小傾向の中で、この聴き放題の音楽配信サービスに期待する向きがある。

たとえばエイベックス・グループは、昨年2月、ソフトバンクとの合弁で「UULA」を開始。また同社は、今年10月にはLINE、ソニー・ミュージックエンタテインメントとの合弁会社を設立した。さらに11月には、サイバーエージェントとの共同出資による新会社設立を発表し、新たに二つの月額定額制聴き放題の音楽配信サービス開始を目指している。

先行して始まっているUULAの会員数は、100万人超で伸び悩んでいる。世界最大の利用者数を誇るスポティファイも長年、日本進出の機会をうかがいながら難航している。各社は試行錯誤を続けているが、今のところ明るい兆しは見えない。

(「週刊東洋経済」2014年11月29日号<25日発売>の「価格」を読むを転載)

 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。