「Apple Watch」は、意外に大化けするかも

iPhoneとの連携で何ができるのか

1つのアプリが複数の通知の使い方を利用できる。アップルのプレスリリースに掲載されていた例によると、ESPNアプリでは好きなチームのスコアや情報を配信したり、グランスで試合の速報を提供するなどの利用ができるという。

また、Instagramの例では、アクション通知を利用して、最新の友人の写真にその場で「いいね」や絵文字によるコメントを返すことができるそうだ。American Airlinesアプリでは、自宅から空港へ出発する時間や搭乗ゲートの変更、乗り換えゲートの案内、搭乗開始などの通知を受け取ることができるそうだ。

iPhoneをいっそう便利にするデバイス

アップルは今回のWatchKit公開によって、開発者がどのようなアプリをApple Watch向けに作ることができるのか、どんな機能を利用者に提供できるのか、という「定義書」を提供する事になった。もちろん、具体的な事例もいくつか示している。
アップルが提供しているWatchKitの開発ビデオでも触れられているが、開発者がもし現在iPhone向けのアプリを提供している場合、そのアプリを拡張してApple Watchへの対応を行うことができる。特に、iPhoneアプリがメインであるなら、Apple Watchにどんな通知やグランスを送り込むかを考える事が主たる作業だ。

開発環境も、Xcode上で、新たな画面と動作を組み込むだけで良いため、ゼロからアプリを作り直す必要はない。Apple Watchが発売されるまで、仮に4〜5カ月あるとすれば、アップデートを行っているアプリがApple Watchへ対応することは、技術的にも時間的にも、さほど大きな障害がないことを意味する。

もちろん、iPhoneのアプリが手首のApple Watchに対して何ができるか、どんなユーザー体験がふさわしいかを考え、実際にユーザーからのフィードバックを得ながら成熟させていく必要はあるが、数多くのiPhoneアプリがApple Watchに対応してから、Apple Watchが市場投入される環境が作られそうだ。

Apple WatchがiPhoneアプリの「通知」窓や「リモコン」のように動作するようになると、ますますiPhoneを核としたMac、クラウド、自動車、家電、スマートホームなどとの連携が重要になってくる。こうした中でApple Watchは、「iPhoneをいっそう便利に操ることができる、もっとも身近なデバイス」というポジションを目指していくことになるだろう。最新のiPhoneが大ぶりになっただけに、必須デバイスとして大化けする可能性は十分にありそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 買わない生活
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT