まだ間に合う「納めすぎた税金」還付を受ける方法 誰もが簡単に受けられる「医療費控除」のやり方

印刷
A
A

一方で、普通のメガネやコンタクトレンズは医療費控除の対象になりません。メガネやコンタクトレンズは、近視の人にとっては、それがなくては日常生活ができないものであり、足が不自由な人の車いすと同じようなものです。足の不自由な人の車いすは、医療費控除の対象になります。なのに、メガネやコンタクトレンズは、医療費控除の対象にならないのです。

レーザー治療や、オルソケラトロジー治療など、非常にお金のかかる治療方法が医療費控除の対象となり、庶民が使っているメガネやコンタクトレンズが医療費控除の対象にならないのは、実に不公平な話です。

線引きが難しい歯の治療・矯正

虫歯の治療をする際、セラミック歯は健康保険の対象ではないのですが、医療費控除の対象になります。確かに、虫歯の治療のとき、セラミックは健康保険の対象となりません。セラミックは、銀歯と比べてかなり高額であり、美容の意味合いがあるので、健康保険の対象とはならないのです。

しかし、セラミックは健康保険の対象になっていなくても、医療費控除の対象にはなっているのです。セラミック歯の場合は、美容という意味もありますが、そもそも虫歯の治療のためなので、医療費控除に該当することになっているようです。

『増補改訂版 ズバリ回答! どんな領収書でも経費で落とす方法』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

歯の矯正をするとき、医療費控除を受けたい方が多いことだろうと思いますが、残念ながら医療費控除の対象とはなりません。大人の歯の矯正費用は、美容のためのものとみなされており、医療費控除の対象外とされています。しかし、子どもの歯の矯正は、医療費控除の対象となるのです。これは子どもの場合の歯の矯正は、歯のかみ合わせを治すための医療行為とみなされているからです。

歯のホワイトニングをする場合も、やはり医療費控除の対象とはなりません。美容のためとみなされるため、ホワイトニング費用も医療費控除の対象とはならないのです。

ここで、歯の治療に関する医療費控除の該当、非該当の整理をしたいと思います。歯の治療が医療費控除に該当するかどうかは、次のようになっています。税務申告の際、適宜、判断の指標になさるといいでしょう。

虫歯の治療(銀歯)……医療費控除の対象となる
虫歯の治療(セラミック等、健康保険適用外のもの)……医療費控除の対象となる
ホワイトニング……医療費控除の対象とならない
歯の矯正(大人)……医療費控除の対象とならない
歯の矯正(子ども)……医療費控除の対象となる
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT