確定申告「頼れる税理士」を選ぶための心得7選

国税OB、試験突破者で違う、専門分野も個人差

どんな税理士に頼むのがいいのか(写真:Graphs/PIXTA)

もうすぐ確定申告のシーズン。確定申告や相続税の申告は上手にやれば税金の取られすぎを防ぐことができる。

『週刊東洋経済』2月3日発売号の特集は「税金対策 トクする人 ソンする人」を特集。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

2月3日発売の『週刊東洋経済』は「税金対策 トクする人 ソンする人」を特集。さまざまな税金対策について解説をしている。

申告に際して、税理士に協力を仰ごうとする人も多いだろう。税理士は、税務において非常に重要な要素である。

決算・確定申告のみならず、節税の相談や税務調査があった場合の立ち会いなどもお願いすることができる。中小企業の場合、税金対策の要は、実は税理士選びかもしれない。

では、税理士はどのように選べばよいのだろうか。最もダメなパターンは、知り合いだというだけで選んでしまうことである。税理士は個人の能力の差が大きい分野だからだ。

税理士を選ぶ際には、最低でも次の7項目はチェックしておきたい。

1. 地元かどうか
2. OB税理士か、試験突破税理士か
3. OB税理士の場合、国税での最終的な地位と所属していた「畑」
4. 試験突破税理士の場合、独立前の修業期間
5. 税理士業の経験年数、事務所を独立してからの経験年数
6. 事務所の人数
7. 顧客の数

税理士のタイプもさまざま

税理士は、納税者と税務署とのパイプ役でもあり、地元の税理士のほうが何かと融通が利く。また、税理士としての経験年数や、事務所の規模、顧客の数等はやはり多いほうがよい。

次ページOB税理士と試験突破税理士で分かれる
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT