「ふるさと納税」でトクする人、損する人の差

「お得に節税」は可能なのか

ふるさと納税の仕組みについて解説します(写真:CORA/PIXTA)
昨今、人気のふるさと納税。今年分の締め切りも12月末までと迫っています。でも、焦って活用しても大きなトクにはならなかったり、逆に損をしてしまうことも。 今回は、『自分ですらすらできる確定申告の書き方 令和2年3月16日締切分』(KADOKAWA)よりふるさと納税の仕組みについて解説します。

ふるさと納税の人気の理由

「自己負担2000円で、牛肉、高価なフルーツ、カニなどの特産品が手に入る!」と、人気の高いふるさと納税。「納税」という言葉がついていますが、実際は都道府県・市区町村などの自治体に寄附をするということです。

やり方はカンタン。「ふるさとチョイス」「さとふる」「楽天ふるさと納税」など、さまざまなふるさと納税のサイトから通販商品を買うような感覚でふるさと納税ができるようになっています。

今年は、台風や豪雨などで大きな被害が出ました。返礼品目的だけではなく、ふるさと納税は、被災を受けた自治体に対しても行うことができます。各ふるさと納税サイトでは、専用のページが設けられていますので、利用するとよいでしょう。

ふるさと納税をすると、原則として自己負担分2000円を除いた全額が控除されます。例えば、ふるさと納税を1万円した場合には、自己負担分2000円を除いた8000円を、自分が支払うべき税金から引いてもらえるようになります。さらに、各自治体は、ふるさと納税のお礼として、さまざまな返礼品を用意しています。

つまり①税金が控除されて、②自己負担分2000円で特産品が手に入る、というのがふるさと納税の人気の理由なのです。

次ページ対象にならない自治体も
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • 精神医療を問う
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
台湾と中国のデジタルは違う<br>唐鳳・台湾デジタル大臣に聞く

台湾を代表する天才プログラマーの名声を得て15歳で起業した唐鳳氏。「デジタル民主主義」「開かれた政府」を体現した38歳の若き大臣が、これまでの実績、日本や中国との比較、IT教育やITの未来などについて胸の内を語りました。

  • 新刊
  • ランキング