タカタ製エアバック、全米規模リコールへ

米当局、全米規模でのリコール命令

 11月18日、タカタ製のエアバッグ問題で、米運輸省高速道路交通安全局は、全米規模のリコールを命令した。タカタの看板、都内で9月撮影(2014年 ロイター/Toru Hanai)

[ワシントン 18日 ロイター] - タカタ製<7312.T>のエアバッグ問題で、米運輸省高速道路交通安全局(NHTSA)は、全米規模のリコールを命令した。NHTSAのフリードマン局長代行は「リコール対象のエアバッグを搭載したすべての自動車についてリコール手続きを開始する」と述べた。

リコールの対象となるのは、ホンダ<7267.T>、マツダ<7261.T>、フォード・モーター<F.N>、クライスラー、BMW<BMWG.DE>各社製の自動車。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産・西川社長辞任の衝撃<br>ルノーとの対立が再燃も

株価連動型報酬を不正に上乗せして受け取っていた西川社長が辞任を発表した。対ルノーの防波堤だった同氏の退場は、日産の独立性を揺るがしかねない。ゴーン時代の有力な後継者候補が去り人材難の日産。次期社長の人選が将来を決める。