暗号資産「手を出す前」に要確認!特徴と注意点 投資利益は「雑所得」として課税対象になる

印刷
A
A
仮想通貨(暗号資産)の現状とは? (写真:シルバーブレット/PIXTA)
この記事の画像を見る(4枚)
「投資信託」「FX」「株式投資」にはなじみがあるけれど、「仮想通貨(暗号資産)」と聞くとちょっと怪しく感じて敬遠してしまう……という人も少なくないのでは?
そこで、累計13万人以上の人々に投資について教えてきた「投資の学校」創設者である高橋慶行さんに、暗号資産の現状について解説してもらいました。
※本稿は、高橋さんの著書『投資の学校』より一部抜粋・編集してお届けします。

そもそも暗号資産とは? 

「暗号通貨で大金を儲けた」「すごい損失を出した」……。少し前に大きな話題となった暗号通貨に興味があるけれど、ちょっと怖いという人も多いでしょう。

そもそも暗号通貨とは、何なのでしょうか。

暗号通貨とは、インターネット上で発行される「デジタル通貨」です。ブロックチェーンという暗号技術により、取引情報などのデータを記録する手法が取り入れられています。

暗号通貨として、オンラインゲームの中のお金をイメージするとわかりやすいでしょう。そのゲームの世界の中で使える通貨があり、アイテムを買ったり売ったりできますよね。そのお金は現物があるわけではなく、仮想のお金です。これを、特定のゲームの中や企業のサービスの中だけではなく、暗号技術を用いて世界中で使えるようにしているのが、いわゆる「暗号通貨」なのです。

暗号通貨を発行しているのは国ではなく、企業や非営利団体などです。そのため、一般的に、米ドルやユーロ、日本円など「法定通貨」と違って、国家による価値の保証はありません。

暗号通貨は新しい概念であり、実体がないように思われがちなため、「あやしい」と思う人は多いようです。しかも、世間的に認知され始めた2017年から2018年にかけて、暗号通貨を利用した詐欺事件や、仮想通貨取引所の資産流出事件がたびたびニュースになりました。その結果「暗号通貨は危ない」というイメージができてしまったのです。

しかし、2021年5月に施行された「改正資金決済法」により、現在、国内では以前よりはるかに安全に暗号通貨を取引できる環境が整っています。

また、暗号通貨は法定通貨よりも利便性や安全性で優れている面もあります。将来的には可能性を感じる通貨なのです。

参考までに、暗号通貨や電子マネー、ポイントとの比較表を紹介しておきましょう。

(画像:『投資の学校』〈かんき出版〉以下同)
次ページ暗号資産の種類は9000以上
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT