ロシアのデフォルトは金融システムを揺るがすか 各国のロシアとの貿易、ロシア向け与信を分析

印刷
A
A
制裁で追い込まれるロシアの銀行。ズベルバンクがクロアチアとスロベニアに持つ子会社の全株式は別の現地企業に移管されることとなった(写真:Bloomberg)

連日、ウクライナ危機に関して機関投資家からの照会を受けているが、足元で増えているのが「ロシア国債のデフォルトが破綻の連鎖に至る心配はないのか」といった金融システムへの影響に関する質問だ。

2月28日、国際金融協会が一連の金融制裁によりロシア国債がデフォルトに陥る可能性が「極めて高い」とする見解を発表した。外貨準備の過半が凍結されている以上、ロシアルーブル下落を止める手段は実質的に封じられており、対外(外貨建て)債務の返済可能性は絶望的である。ここまでは西側陣営のシナリオ通りだろう。

軍事大国は経済大国ならず

結論から言えば、ウクライナ危機に伴うロシアのデフォルトが世界的な金融のシステミックリスク、つまり債務不履行の連鎖に発展する可能性は低い。ロシアは軍事大国だが経済大国ではない。

ロシアの名目GDP(国内総生産)の規模は約1.5兆ドルで、これに対する倍率で比較した場合、アメリカは14倍、中国は10倍、日本は3.4倍、ドイツは2.6倍、英国は1.8倍と大きな開きがある。

広大な国土と豊富な資源、強固な軍事力のイメージを背景に経済大国であるようなイメージも抱かれやすいが、ロシアの経済規模はブラジル、カナダ、韓国、スペインと同等である。もちろん、小国ではないが、同国の「大国」イメージに照らせば、大きく見劣りする。いずれにせよ、この程度の経済規模ならばシステミックリスクに直結するクロスボーダー与信の規模も限定的である。

次ページすでに進んでいたロシア離れ
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
年金大改正、何歳から受け取るのがトクなのか
年金大改正、何歳から受け取るのがトクなのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT