佐久間宣行「過激な表現やめたくない」と語る理由 テレビよ永遠にという気持ちは「ない」とあっさり

拡大
縮小
満面の笑みを浮かべる佐久間宣行プロデューサー(撮影・浅見桂子)

テレビ東京を退社し、フリーに転身してもうすぐ1年になる。テレビプロデューサー佐久間宣行(46)。地上波から動画配信まで、笑いのヒット番組を量産する圧倒的な仕事ぶりは“佐久間宣行3人いる説”のギョーカイ都市伝説も生む。放送メディアのキーパーソンだが、意外にも「テレビよ永遠にという思いはない」という。

オールナイトニッポン0

そろそろ管理職、という人事の足音を感じ、現場主義を貫いての退社だった。フリー1年目を振り返り、「会社員じゃなくなるとこんなに面倒臭いことが増えるんだと思い知り、会社への感謝をあらためて感じます」。一方で「企画が通るかは社内の数人の評価で決まることが多かったので、さまざまなメディアに評価軸が広がって気楽になった。石橋をたたいても渡らない慎重派な性格がちょっと変わりましたね」と話す。

当記事は『日刊スポーツ』の提供記事です

理想的な円満退社で「ゴッドタン」「あちこちオードリー」などの人気番組はすべて継続。新番組も立ち上げながら、NHK、民放各局を飛び回り、自身のYouTubeチャンネルも運営、出演する。その仕事ぶりに同業者たちは「3人いるのでは」と舌を巻くが、「無我夢中なだけ。いただいた仕事の締め切りを必死で守っていたら1年という感じで、僕自身ペースがつかめていない」と笑う。

このインタビューは、飛び回っている放送局のひとつであるニッポン放送で行われた。テレ東在籍時代の19年から「佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)」(水曜深夜3時)のパーソナリティーも務めている。少年時代からラジオの虫。あこがれだった番組でリスナーと交流できる時間をひときわ大事にしている。

次ページラジオを始めて1年でコロナ禍に
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT