スマートフォンが電子部品需要を牽引、村田、京セラの意外な活況

好調だった電子部品の受注は、今年7月から減速し始め、その先行きが不安視されていた。が、ここにきて一転。部品大手は関西系メーカーを中心に、想定以上の需要に沸いている。

各社首脳は総じて強気の見通しを示す。「来年に向けて受注の伸びは当初想定よりも大きくなる」(藤田能孝・村田製作所副社長)、「2011年度にかけて受注は順調に推移する見通しだ」(前田辰巳・京セラ副社長)、「10月から再び増産体制に入った。大規模データセンターの増加で今後も水準は高い」(永守重信・日本電産社長)。

最も顕著なのは村田だ。旺盛な部品需要を受け、10年度の設備投資を当初計画から70億円上積みし、520億円とした。福井県や島根県の工場では生産ラインを拡充。中国でも江蘇省無錫市に建設中の新工場のラインを増やす(来年4月稼働)。主力であるセラミックコンデンサーの生産能力を、来年6月には今年3月比で3割増に引き上げる計画だ。昨年3月から閉鎖していた仙台工場を来年4月にも再稼働させ、フィルター部品の生産能力も増強する。

受注残が豊富な京セラでも、電子機器向け部品の工場がフル操業状態。当初計画に沿って、来年3月までに鹿児島工場の半導体部品の生産能力を拡充する。日本電産も、中国の広東省で光ディスク用小型モーターなどの工場を建設し、11月中に稼働する。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT