スマートフォンが電子部品需要を牽引、村田、京セラの意外な活況

好調だった電子部品の受注は、今年7月から減速し始め、その先行きが不安視されていた。が、ここにきて一転。部品大手は関西系メーカーを中心に、想定以上の需要に沸いている。

各社首脳は総じて強気の見通しを示す。「来年に向けて受注の伸びは当初想定よりも大きくなる」(藤田能孝・村田製作所副社長)、「2011年度にかけて受注は順調に推移する見通しだ」(前田辰巳・京セラ副社長)、「10月から再び増産体制に入った。大規模データセンターの増加で今後も水準は高い」(永守重信・日本電産社長)。

最も顕著なのは村田だ。旺盛な部品需要を受け、10年度の設備投資を当初計画から70億円上積みし、520億円とした。福井県や島根県の工場では生産ラインを拡充。中国でも江蘇省無錫市に建設中の新工場のラインを増やす(来年4月稼働)。主力であるセラミックコンデンサーの生産能力を、来年6月には今年3月比で3割増に引き上げる計画だ。昨年3月から閉鎖していた仙台工場を来年4月にも再稼働させ、フィルター部品の生産能力も増強する。

受注残が豊富な京セラでも、電子機器向け部品の工場がフル操業状態。当初計画に沿って、来年3月までに鹿児島工場の半導体部品の生産能力を拡充する。日本電産も、中国の広東省で光ディスク用小型モーターなどの工場を建設し、11月中に稼働する。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT