11月19日解散・12月総選挙へ、緊迫する政局

「消費再増税の先送り」を決断した舞台裏

実は安倍首相の背中を押した者はほかにいる。一人はルー米財務長官。9月の20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議の場で、日本の成長鈍化を懸念、麻生財務相に再増税先送りを進言したとされる。もう一人はノーベル賞経済学者のクルーグマン米プリンストン大学教授だ。アベノミクスを評価する一方、再増税先送りを唱え、今月には本田、浜田両氏が同席する中、安倍首相と面会している。

財政再建の遅れが「日本国債売り」を招くおそれから、政府は海外の動向を気にしていた。それを覆す“大物”二人の反応は、安倍首相の心証に大きく影響したに違いない。

この総選挙で自民党は「負けない」公算が高い。12月で最初の2年が終わり、選挙を乗り越えれば、あと4年先の18年まで視野に入る。安倍首相(総裁)は2期6年の長期政権に本気だ。

「週刊東洋経済」2014年11月22日号<11月17日発売>掲載の「核心リポート01」を転載)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT