幻冬舎の非上場化は、出版業界激変の「一里塚」

幻冬舎の非上場化は、出版業界激変の「一里塚」

幻冬舎は2011年3月にもジャスダック上場を廃止する見通しだ。

幻冬舎社長の見城徹氏が代表を務める特別目的会社TK ホールディングスが、幻冬舎の普通株式と新株引受権をTOB(公開買付け)により取得。買付け期間は11月1日から12月14日まで、買付け価格は普通株式1株につき22万円。買付け予定数は2万7499株、買付け代金は60億3878万円にのぼる。
 
 買い付けに必要な資金は幻冬舎のメインバンクであるみずほ銀行が貸し付ける。見城氏自身も8300株(第2位、23%)を保有する大株主だ。今回の公開買い付けに参加、得た資金約15億円はTKホールディングス経由でみずほへの借り入れ返済に充当される。

株式買付成立後、11年2月にも幻冬舎は臨時株主総会を開く。TKホールディングスが幻冬舎を完全子会社化する。その後、TKホールディングスを消滅会社とし、幻冬舎を存続会社とする吸収合併を行う。このスケージュールならば3月にも幻冬舎は上場廃止となるだろう。

新生「幻冬舎」は見城氏が全株保有する会社としてスタートする。

幻冬舎の業績は堅調だ。前2010年3月期に大ヒットした『巻くだけダイエット』効果(170万部、営業利益3億円寄与)が、今期は剥げるものの、返品率が7ポイント改善するのが大きい。重版も順調にかかっている。
 
 今期売上げは125億円(4.6%減)ながら、営業利益は17億円と微増益を確保する見通し。業界で見ると、幻冬舎は勝ち組だ。講談社、小学館、光文社は08~09年度にかけて2期連続最終赤字、文藝春秋も09年度最終赤字に転落するなど、出版各社は苦境に喘いでいる。

にもかかわらず、幻冬舎が「非上場化」の道を選ぶのはなぜか。

「他社が感じているよりは、うちの危機感は強い」と久保田貴幸取締役は話す。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT