幻冬舎の非上場化は、出版業界激変の「一里塚」


 既刊本を電子化する場合は、版元の出版社に、原稿データの提供や生原稿のスキャンなどの「共同作業」を依頼し、その作業の報酬として売り上げを配分するという形をとる。まさに、出版社と著者の関係が逆転するのだ。

電子書籍化の流れは止められない。そして既存の出版流通は激変するだろう。出版業界にとっては、市場の縮小という大寒波が来ているときに、構造変化の大嵐が襲来するようなものである。

10年後振り返ったときに、幻冬舎の非上場化は出版業界激変の一里塚だったと言われるに違いない。
(田北浩章 撮影:今井康一 =東洋経済オンライン)

◆幻冬舎の業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。